Keyの『planetarian』VRアニメ化に向けクラウドファンディング開始

ゲーム制作を行う株式会社ビジュアルアーツは、キネティックノベルゲーム『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』のVRアニメ化に向けたクラウドファンディングを開始しました。2016年にはWEB配信および劇場公開という形でアニメ化も果たしており、今回のプロジェクトではその3話の一幕をVRアニメ化する予定です。

本プロジェクトはクラウドファンディングサイトであるCAMPFIRE上で出資を募っており、出資者には金額に応じて『planetarian』のグッズや台本、出資者に合わせたオリジナルメッセージを収録した動画BDやサイン色紙などが贈られます。

本作『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』は、ビジュアルアーツ傘下のスタジオであるKeyによって2004年に制作されたノベルゲーム。同スタジオは『Kanon』や『AIR』、『CLANNAD』、『リトルバスターズ!』そして『Angel Beats!』などで知られています。

ゲームやキャラクターのVRゲーム・動画化に関するクラウドファンディングはこれまでも多数行われています。一例として東北地方の名物として知られる「ずんだ餅」をモチーフとした美少女キャラクター「東北ずん子」のVRアプリがクラウドファンディングに成功その後スマホ向けにアプリがリリースされています。

(参考リンク)
・Key「planetarian」フル3D VRアニメ化プロジェクト(CAMPFIRE)

関連するキーワード: planetarian~ちいさなほしのゆめ~株式会社ビジュアルアーツ

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!