Oculus、アップデート情報を公開 非同期スペースワープの実装やOculus Touch向けアバター機能など

先月行われた「Oculus Connect 3」で紹介されたOculus Avatarsが、Oculus Touchの発売日と同じ12月6日にリリースすると発表しました。Oculus Avatarsは、顔や髪型、眼鏡や服など合計で10億以上の組み合わせの中から選び、アバターを作ることができます。

image04

さらにソフトウェアの開発者向けには、「Oculus Avatars SDK with Touch」を同日にリリースします。このSDKを使って開発すれば、Oculus Avatarsが各ソフトウェアで使えるようになります。リリースと同時に対応するソフトウェアは、「Sports Bar VR」、「Kingspray」の2本を予定しています。

image03

Oculus AvatarはOculus Touchがないユーザーも利用できるように、Xbox Controllerにも対応しています。また、Gear VRでも動作するのでOculusプラットフォームであればアバターを作成して利用できます。

Oculus First Contact

新しい入力手段であるOculus Touchの使い方を分かりやすく教えてくれる「Oculus First Contact」もOculus Touchと同時にリリースされます。80年代テイストのロボットと一緒におもちゃの銃で遊んだり、ホログラフィック3Dプリンターでチョウをプリントするといったコンテンツになっています。

image01

image02

Asynchronous Spacewarp(ASW)

11月9日には、「Asynchronous Spacewarp(ASW、非同期スペースワープ)」をリリースしました。この技術はスペックが低く、フレームレートが90Hzを維持できないPCでも、フレーム間を推定して挿入します。そうすることで、90Hzでのレンダリングとほぼ同等の視覚体験を実現しています。その結果、今までよりもロースペックPCでOculus Riftが使えます。詳細な説明はこちら

image00

(参考)
A Closer Look at Oculus Avatars, Oculus First Contact, and Asynchronous Spacewarp – (英語)
https://www.oculus.com/blog/a-closer-look/

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • あつぽん

    あつぽん

    AR/MR関連の仕事をしています。最新ガジェットなら何でも心惹かれますが、その中でもVR関連は勢いがすごいので日々勉強中です。
    VRが身近になる中で、より質の高い情報を分かりやすく伝えていきたいと思っています。
    趣味は、スノーボード、サーフィン、sk8。
    現在ニューヨーク在住です。

    Twitter:@atupon
    Blog:http://nybiboroku.info/