Oculus Touchとは VRに“触れる”コントローラー入門ガイド 価格や比較など

Oculus Touchの特徴

Oculus TouchはVRHMD「Oculus Rift」のVR空間で手を再現することができるモーションコントローラーです。米Oculus社が開発したものです。

Oculus Riftにはxbox oneのゲームパッドが付属しており、このコントローラーを使ってVR空間を移動したりキャラクターを操作するのが一般的でした。しかしゲームパッドでは直感的な操作が難しく没入感が削がれる場面がありました。

Oculus Touchを使うことで直感的な操作が可能になり”、ハンド・プレゼンスが実現するとされています。これまで、“見る”、“聴く”だけだったVRの世界に”触れる”という体験をすることができます。

Oculus Touchの価格

Oculus Touchには単体での販売とOculus Riftとのセットでの販売の2つの方法があります。

Oculus Touch単体では199ドル・日本円で23,800円(税別)、Oculus Riftとのセットが798ドル・日本円で107,600円(税別)となっています(12月4日時点)。VR空間での位置を認識するために必要なセンサーが単体で購入した場合は1本、セットの場合は2本付属してきます。

Oculus Touchは12月6日発売予定で現在公式サイトにて販売しています。

Oculus Touchの使い方

Oculus TouchはOculus Riftに付属しているOculus Remoteなどと同様にOculus Homeを使い本体とペアリングさせて使用します。そのため開発者版であるDK1やDK2、その他のVRHMDでは使用することができません。

image2016120612370611

また、Oculus Touchは乾電池式で使用する際にはぞれぞれ単3電池が1本必要になります。また付属するセンサーを使用するため、Touchをプレイする際はセンサーを2つ使用します。頭に装着するOculus Riftの接続にもUSBポートを1つ使用しますので、PC側には合計3つのUSBポート(USB3.0が推奨)が必要となります。

Oculus Touch本体の機能紹介

Oculus Touchは親指部分にジョイスティックと2つのボタン及びメニューボタン(片方はOculus Homeのメニュー、もう片方はゲーム内メニューに使用)、そして人差し指用と中指用にそれぞれトリガーがあります。

ジョイスティックとトリガー部分には触れているかどうかを判別するセンサーが入っており、ピースやサムズアップといったハンドジェスチャーを行うこともできます。

それ以外の部分として、本体には振動モーターが入っており銃を打つなどの動作をした際に振動を再現することが可能です。

おすすめコンテンツラインナップ

12月6日のローンチでは53タイトルが配信予定です。また、その後も大型タイトルの予定もあるため、コンテンツが継続的にリリースされるのではないかと期待されています。

ここではその中から一部を紹介します。

ローンチタイトルの紹介はこちら

Oculus Touchローンチタイトル53作品が明らかに

12月6日の発売日に配信されるもの

The Unspoken

https://www.youtube.com/watch?v=ITMj3kXXBCA

魔法使い同士の決闘が日常的に行われているという設定の世界が舞台のコンテンツ。手を動かして魔法を発動させたり、指の動きで強力なモンスターを召喚したりすることができます。

Toy Box

https://www.youtube.com/watch?v=iFEMiyGMa58

オンラインで2人のプレイヤーが同じ部屋に入りさまざまなオブジェクトを掴んだり投げたりといったソーシャルVRが体験できるコンテンツ。Oculus Touchの基本的な動作を学ぶことができるチュートリアルのようなコンテンツです。

Medium

https://www.youtube.com/watch?v=yaXI_P50MbU

VR空間内で粘土をこねて様々な造形ができるツール。粘土を削ったり足したり、色を付けると言った動作をOculus Touchによって直感的に操作することができます。

Dead Hungry

https://www.youtube.com/watch?v=rj29SklUxzU

お腹がすいて屋台に押し寄せるソンビ達にハンバーガーを作って与えていくという一風変わった雰囲気のコンテンツ。日本のインディーディベロッパー株式会社キュー・ゲームスの作品です。

ENIGMA SPHERE

https://www.youtube.com/watch?v=Nw7dt0h7xEw

パズルを解き「球体スフィア」を見つけてハンマーで破壊していく2人同時プレイ可能の VR脱出ゲーム。『VRビジネスの衝撃』を執筆した新清士氏率いる日本の株式会社よむネコの作品です。

発売日以降に配信予定のもの

発売日以降もさまざまなタイトルが配信を予定しています。

Robo Recall

https://www.youtube.com/watch?v=MIK4D0kVlIs

Unreal Engine4を開発しているEpic Gamesの作品。襲ってくる暴走したロボットを銃で破壊したり掴んで手足を引きちぎったりとアクション性の高いコンテンツです。2017年の上半期にOculus Touchを持っているユーザー向けに無料で配信される予定です。

HTC Vive、PS moveとの違い

Oculus Touchは手に持つコントローラーということで、他のVRHMD用ハンドコントローラーとの比較をします。

HTC Viveには手に持って握るタイプのコントローラーが付属します。また、PlayStation VRの一部のソフトではPS Moveコントローラー(別売)で手を動かす体験ができます。

image201612061240371
左からOculus Touch、PS Moveコントローラー、SteamVRコントローラー

Oculus Touchは手を指のレベルまで再現することに重点が置かれており、HTC ViveのハンドコントローラーやPlayStation VRと使用するPSmoveと比べるとトリガーが多くついています。トリガーが2つあることによって置いてある銃を一つ目のトリガーで掴んで、もう一個のトリガーで打つといったことができるようになります。また、ボクシングのような直接手を使って攻撃するような場面では自分の手の形と同じになるため棒状のコントローラーよりも高い没入感を感じることができます。

関連するキーワード: Oculus RiftOculus Touch

この記事を書いた人

  • 専門3年です。ニコ動/VOCALOID/ニコつくWeb担当他/自作PC/ハコスコ/CardBoard/Unity勉強中/デジギア全般/gearVRを持ち歩いてVRを広める活動をしてます。

    Twitter:@doron0328

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ