一体型VRヘッドセットOculus Go、開発者版申込開始

Oculusの一体型ヘッドセットであるOculus Goは開発者版を11月に出荷します。このOculus Goは10月11,12日に開催されたOculus社が行っている年次デベロッパーカンファレンスイベントであるOculus Connect 4(OC4)で発表されました。

開発版のリクエストをすることのできる申込はすでに始まっており、Oculus開発者センターから申し込むことができます。

Oculus Goは位置トラッキング機能はないものの、軽量さと装着感、そして低価格が特長の一体型VRヘッドセットです。PCやスマートフォンなどを使わずに装着するだけで体験が可能です。体験のレベルは、現在Oculusとサムスンによって販売されているモバイルVR、Gear VRと同等のものになるとされています。

Gear VRで公開されているアプリなどは全てOculus Goでの互換性があるとも発表がされており、対応モバイルデバイスとGear VRを購入するよりもはるかに安価に購入することができます。

Oculus社によるとOculus Goは2018年初頭に消費者向けを発売予定。価格は199ドル(日本円では約2.2万円)です。日本向けの価格は未定です。

(参考)
Developers Can Now Request Oculus Go Dev Kits, Could Have Headsets As Soon as Next Month/ROADTOVR(英語)
https://www.roadtovr.com/devs-hands-oculus-go-headsets-soon-next-month/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: Oculus Go

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki