Oculus Rift、新技術により動作要件が緩和 5万円の対応PCも登場

サンノゼで行われている開発者会議Oculus Connect 3(OC3)にて、PC向けVRヘッドマウントディスプレイOcuus Riftに採用されている技術に新たなものが加わり、動作要件が緩和することを明らかにしました。

OC3の基調講演にて、OculusのCEOブレンダン・イリベ氏は、PC向けヘッドマウントディスプレイOculus Riftに新技術「Asynchronous Spacewarp」が導入されることを明らかにしました。この技術の導入により、Oculus Riftの動作要件が引き下げとなります。

Oculus Rift 動作要件緩和

Asynchronous Timewarp

Oculus Riftにはもともと、頭を動かしたときに発生する遅延を防ぐために、描画処理を補足するAsyncrouis Timewarp(非同期タイムワープ)という技術がされています。この技術により、どれだけ首を振っても要求水準である90fps(描画処理が毎秒90回)を維持しています。

しかし、現行のAsyncrouis Timewarpでは、位置を移動したときの補正が入らないため、残像などが発生することがあります。

Asynchronous Spacewarp

Oculusは位置トラッキング時の描画処理を補足する仕組みとして、Asynchnorous Spacewarpを発表しました。

45fpsで描画しながらもこの、Asynchnorous Spacewarpによって90fpsが維持されるため、位置が動いたときも快適にVR体験を続けることができるとしています。

Oculus Rift 動作要件緩和

Oculus Readyの基準が引き下げへ

このAsynchronous Spacewarpにより、Ocuius Riftを動かすPCの動作要件が引き下げられることとなりました。

引き下げ後のスペックは以下の通りです。

GPU: GTX970 以上 → GTX 960 以上
CPU: Intel Core i5-4590 以上 → Intel Core i3-6100/ AMD FX4350 以上

Oculus Rift 動作要件緩和

特にGPUの性能が一段と下がったことにより、Oculus Riftを動かすために必要なPCの価格は一層下がることになります。

Oculusは、PCメーカーのCYBERPOWERとAMDにより、499ドルでOculus Ready PCを発売することを明らかにしました。

Oculus Rift 動作要件緩和

今回の新技術により、Oculus RiftでハイエンドなVRを体験できる環境構築にかかる費用が下がりました。今後もこのような形でハイエンドなVR体験のハードルが下がっていくことに期待したいところです。

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/