モトローラ「Moto Z」シリーズ、Android7.0でDaydream対応に

モトローラのスマートフォン「Moto Z」と「Moto Z Force」のOSがAndroid 7.0 Nougatにアップグレード対応し、Daydream対応となることが発表されました。

初のサードパーティ製Daydream Readyスマホへ

Moto Zシリーズ含むMotorola製スマートフォンのOSアップグレードは先月から発表されていましたが、今週ついにMoto Z及びMoto Z ForceのAndroid7.0への対応が発表されました。

細かい対応国やキャリアなど、詳細は「Moto software upgrades page」(英語)でサポートが行われています。

そして今回のAndroid7.0へのアップグレードにより、Googleが開発するスマホ向けVRプラットフォーム「Daydream」にも対応します。

Googleが認可するサードパーティ製のDaydream Readyスマホとしては初の対応で、ディスプレイの精細さ、スムースなグラフィックとセンサー性能が保証された機種となります。

Daydreamの体験には別売のヘッドセット「Daydream View」が必要となります。

(参考)

Motorola Blog / Moto Z and Moto Z Force: Now Daydream-Ready(英語)

http://motorola-blog.blogspot.jp/2016/11/moto-z-and-moto-z-force-now-daydream.html

Googleが推進する、高品質なモバイルVRのプラットフォーム『Daydream』についての最新情報はコチラ

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor