VRアプリ制作ツール『InstaVR』ファイルサイズ無制限の360度動画ストリーミング配信に対応

InstaVR株式会が運営するVRアプリ制作ツール『InstaVR』は、WEBベースのVRアプリの制作や配信に加え、新たに長さ無制限の360度動画ストリーミング配信の対応を発表しました。

『InstaVR』は、ゲームエンジンやプログラムコードが不要で直感的な操作で360度画像・動画を使用したWebベースのVRアプリの制作や配信が行えるツールです。今回の発表で360度動画ストリーミング配信の機能が追加されました。

本機能は「iOS、Android、Gear VR、Daydream、Web、Oculus Rift、HTC Vive 」に対応しており、ワンクリックで配信することが可能です。

本360度動画は、ファイルサイズや再生時間に制限されることなく提供することが可能となっています。これにより、25分間のフィットネストレーニングや45分間の没入型ドラマ、60分間の授業や講義、90分間のスポーツ試合など様々な360度動画ストリーミング配信を行うことができます。

本サービス上でストリーミング配信したいコンテンツの配信方法を「ストリーミング」に変更するだけで、4K(2160p)や8K(4320p)での高画質動画ストリーミング配信を実現できます。

また、2D動画のストリーミング再生にも対応しているため、VR空間内の映画鑑賞体験や、大会場でのパブリックビューイング体験などにも利用できます。

今回の機能追加にあわせ、InstaVRプロ版には価格変更無しで動画ストリーミング帯域幅500 GB /月が同梱されます。InstaVR ユーザーは使用状況に応じて追加の動画ストリーミング帯域幅を購入することができます。

また、すでに同社で動画ストリーミング配信システムを保持しているユーザーは、システムを介してInstaVR で作成したVRアプリにストリーミング動画を配信することが可能とのことです。

(参考)
InstaVR

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ