HTC、VRアプリ内課金など収益化のための新サービス発表

3月27日から28日にかけて中国深セン市で行われた「Vive Ecosystem Conference 2017」の基調講演にて、HTCは広告フォーマットを提供する「Viveport SDK」、Qingdao Publishing Groupとのパートナーシップなど、HTC Viveを取り巻く新しいエコシステムを新たに発表しました。

アプリ内課金モデルや広告フォーマットを提供

今回発表された「Viveport SDK」は、HTCの運営するコンテンツ配信プラットフォームViveportにおいて、ブランド向けに新しい広告フォーマットを提供し、アプリ内課金モデルやマルチユーザーサービスを可能にするというものです。

Viveportは主に中国向けのコンテンツ配信を行っています。

「エンターテインメント業界のメジャープレイヤーがVRに参入するにつれて、VR業界全体が新しい収入源と流通経路を必要としてきています。今日の発表は、持続可能なエコシステムを実現するためのViveの役割を強化するものです」と、Viveの中国プレジデントであるAlvin W. Graylin氏は述べました。

VR開発者の持続可能な収益モデルを構築することは、VRアーケードに関する同社の解説に見られるように、HTCにとって大きな関心事となっています。

またVRエンターテインメントの成長を促進するため、HTCは中国最大の家電小売企業であるGOMEとパートナーシップを締結しました。今回の合意により、年内には中国初となる100のVRロケーションサービスをサポートするとしています。

学校や図書館でVR読書を提供するプラットフォームを構築

一方、VR読書のプラットフォームである『VIVEPAPER』はQingdao Publishing Groupと戦略的パートナーシップ契約を結び、今後数年間にかけて全国主要都市の学校に進出するための「VR読書と教育の革新のためのデモンストレーションプラットフォーム」を構築しました。

プラットフォームは、Qingdao Publishing Groupと業界パートナーが、VR教育コンテンツやサービスを学校、図書館、国営の書店に配布することを可能にします。

そして、エンタメ領域では、HTC Viveとワーナー・ブラザーズの戦略的パートナーシップが発表。スティーブン・スピルバーグの新作映画『ゲームウォーズ』の劇場版・家庭版全てのコンテンツをVRパートナーとして独占的にリリースします。

HTCは2017年1月に、Viveportにおけるアーケード向けコンテンツの配信やビジネス向けコンテンツの配信について発表を行っています。同社が、Viveを軸とする、家庭用・アーケード・ビジネスのさまざまな層におけるエコシステム構築と中国市場の開拓に注力している姿勢が伺えます。

(参考)
VRFocus / HTC Announces New Education Partnerships, VR Ad Service And More For HTC Vive(英語)
http://www.vrfocus.com/2017/03/htc-announces-new-education-partnerships-vr-ad-service-and-more-for-htc-vive/

Mogura VRは、VRFocusとパートナーシップを結んでいます。

(関連記事)
HTC、中国で開発者向けのVRカンファレンス「Vive Ecosystem Conference 2017」を開催
HTC、手に持った雑誌をVRで“読む”「Viveペーパー」をスマホとPC向けに発表
【VR広告】VRを活かしたプロモーション、コンサル企業まとめ

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ