「無限の可能性を秘めている」HTCが考えるVRシステムViveの販売戦略とBtoB展開

2016年7月7日 HTC NIPPON株式会社は日本国内での「HTC Vive」公式発表会を開催しました。

発表会ではHTC の VR 製品「HTC Vive」を公式に発表すると共に、HTC Vive の概要、HTC Vive の国内での販売やBtoB向けの戦略と活用事例を紹介しました。

HTC Vive 戦略

Viveの特徴とは

HTC Vive 戦略

HTC Viveの特徴はルームスケール VR。顔を360度振っても向いた方向の画像が表示されるローテーション VRや上半身が前後に動貸せる程度のサポートをしている位置感知 VRという枠を超え、部屋の中を歩き回ることができるセンサーと位置感知能力があるとしています。

ミリ単位での部屋の中の座標やViveの位置感知システムを捕捉しており、部屋の中を自由に歩き回ることで、実際のゲームの中に入ったようなリアルな没入感を演出しています。また、今までVRの課題として挙がっていた”VR酔い”も、ミリ単位での精確なトラッキングの結果としてVR酔いを軽減しています。

VRを広げていくために

HTC Vive 戦略

玉野氏は「テレビやマスコミなどでVRを取り上げる機会が増えたが、まだまだVRを体験したことのある人口が多くはないため、”VRとは何か”についてわかっている人は多くない」としており、コンシューマーに向けた販売にあたっての考え方をアピールしました。

HTC Vive 戦略

VRを体験したことがある人口を増やすために、PC販売会社を通じてリテール販売を7月7日より開始。各店舗においてルームスケールを体験できる没入型体験スペースを作り、実際に体験した上で購入する導線を作り上げて‘います。

また、HTCではグリーンバックを使用したPR方法もあるとして、発表会場で展示を行いました。体験を見ている人がモニター越しに体験している人をみれるようにしたスペースで、今まではプレイヤー目線の体験の様子をモニターに表示していましたが、グリーンバックではプレイヤーが体験している様子をモニターに表示するようになり、見ている人も何をやっているのか、今までよりわかりやすくなりました。

HTC Vive 戦略

HTC Vivewo店頭で体験するための予約方法:http://www.moguravr.com/htc-vive-book/

体験予約はこちらから(現在では一部店舗のみ、年末までにすべての店舗での予約が可能になります):https://www.vivedemo.jp/

ビジネス向けの考え方

HTC Vive 戦略

VRはゲーム業界だけではなく、B2Bのビジネスのチャンスも大きく、急激に拡大してきています。

既にあらゆる産業(自動車、建設、不動産、電気、文化、医療、スポーツ、エンターテイメント、教育 など)から相談があるそうで、関係企業とのパートナーシップを組みながらB2Bビジネスを発展させていきたいと考えている、とのこと。

HTCによれば、”無限の可能性を秘めている”というViveは、無限のビジネスを秘めているとのことで、今後もその広がりに目が離せません。

(関連記事)
HTC、VRシステムViveの店頭販売を開始 体験予約も可能に

秋葉原でHTC Viveを体験・購入できる4店舗

HTC、VRスタートアップ支援プログラムVive Xを発表。支援額は総額1億ドル規模

HTC、VR/AR/MR分野に投資するVCを集めた100億ドル級のアライアンスを発表

HTC Vive(Steam VR)についての最新情報はこちら

HTC Vive(Steam VR)のソフト紹介はこちら

この記事を書いた人

  • image00

    Shunri

    慶應義塾大学在学中の4年生。大学では経済、プログラミング、ビジネス、サービスデザインを中心に学んでいます。思い立ったが吉日!ってな感じで、水泳、サッカー、フットサル、将棋、ボードゲーム、ポーカー、自作パソコン、カメラ、アニメ…今はもちろん”VR”!広く深くを目指して‼

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/