【決定版】HTC Viveゲーム・アプリおすすめタイトル24選

2016年4月5日に発売されたPC向けのVRヘッドマウントディスプレイHTC Vive。コンテンツは主にSteamにて配信されており、2016年内に配信されたコンテンツはすでに1,000を超えています。

今回は、これらのコンテツの中からMogura VRが体験してセレクトしたおすすめのものを紹介します。

Google Earth VR

世界地図の中に入れる『Google Earth』がVR対応版として配信されているタイトル。自分の好きな場所をコントローラーで選ぶとその場所を鳥になって空から見下ろしている様な視点になります。都心などの場所では建物が3Dで表示されますが、地方に行くと2Dで表示されてしまいます。しかし山や川などの地形は忠実に再現されており、ちょっとした旅行気分を味わうことができます。価格は無料。

https://www.youtube.com/watch?v=SCrkZOx5Q1M

The Lab

『The Lab』はSteamを運営するValve社が直々に制作したミニゲーム集。プレイヤーは研究所で様々なVRコンテンツを楽しめます。弓矢で攻めてくる敵から門を守る「ロングボウ」や巨大なパチンコで積みあがった荷物を崩していく「スリングショット」などいくつかのVRゲームが一つのパッケージとなっています。無料で色々な操作が試せるため、HTC Viveを買ってきて最初に入れるゲームとして一番ふさわしいコンテンツです。価格は無料。

https://www.youtube.com/watch?v=qYfNzhLXYGc

NVIDIA® VR Funhouse

『VR Funhouse』は、VR対応のライブラリ「VRWorks」のメジャーアップデートで更新された高性能な物理エンジンを使用したVRデモです。デモの内容は縁日のお祭りをアメリカンにしたような雰囲気で、射的やモグラたたきなど様々なミニゲームがあります。

NVIDIAのCEO、Jen-Hsun Huang氏が「本物のボールのように弾み、本物の炎のように燃え、煙は本物のように舞い上がります」と述べているように、一つ一つの物理挙動が現実に非常に近く表現されています。デモなので内容は短いですが密度の高い作品になっています。価格は無料。

https://www.youtube.com/watch?v=nhQCV6pNqY4

Tilt Brush

『Tilt Brush』はVR空間に線が描けるペィンティングツールです。両手に持ったコントローラーがパレットと筆になり、色も線種も自由自在に3D空間に絵を描くことができます。描くものは3Dなため、前から見るだけでなく後ろやしゃがみこんで下から見て作品を作り上げていくことができます。最新のアップデートでは、音楽に合わせて絵が変化する機能が追加されるなど、クリエイティビティがさらに刺激される体験となっています。価格は2,980円。

https://www.youtube.com/watch?v=TckqNdrdbgk

Rec Room

オンラインでマッチングした人と様々な遊びが体験できるゲーム。卓球やおもちゃの銃での打ち合いなど子供の頃に遊んだ体験がそのままできます。フレンドで無い人ともマッチングでき、遊びの幅も広いためがっつり遊ぶことができます。また本作はVRオンラインゲームの欠点であるオンラインユーザーが居ないという問題が起きにくいほど人気の作品で、とりあえずVRオンラインゲームを試してみたい人にもオススメです。価格は無料。
https://www.youtube.com/watch?v=Ub023IwvjXY

Job Simulator

『Job Simulator』は現代の仕事をVRで体験するシミュレーションゲームです。2050年が舞台で、この時代ではロボットがすべての仕事を行っています。かつて人類が行っていた“仕事”を行っていきます。職場はオフィス、キッチン、コンビニ、ガレージの4種類があり、それぞれの仕事をこなしていきます。仕事をしているのに時間が経つのがあっという間という不思議な感覚にしてくれるゲームです。価格は2,980円。

https://www.youtube.com/watch?v=trm699vsXxM

Eagle Flight

『Eagle Flight』フランスの大手ゲームメーカーUbisoft Entertainmentが開発したフライトアクションゲーム。プレイヤーはオオワシとなってパリの上空を自由に飛び回るという内容で、ミッションに挑戦したり,街の至る所に隠された収集用アイテムを探したり,最大6人のプレイヤーによるレースに挑んだりといった体験ができます。ステージは誰もが知っている都市、パリです。エッフェル塔などの観光名所をめぐりながら飛ぶのは贅沢に感じます。HTC Viveだけでなく、Oculus Rift、PlayStation VR向けにもリリースされおり、他デバイスでアクセスしている人ともマルチプレイが可能です。価格は5,184円。

https://www.youtube.com/watch?v=UQU3CWcxpEA

Final Approach

『Final Approach』はVRで手で航空機の航路を導き、航空管制をするゲームです。空港上空にやってくる航空機を基地に着陸させ、整備をしたのちに飛び立たせます。しかし中には炎上しながらやってくる機体や、燃料がぎりぎりの状態の機体もあり、トラブルに対応しながらミッションをこなしていきます。ヘリで救助活動をしたり、戦闘機で敵から空母を守ったりとミッションは非常に多彩で、やり込みがいのあるゲームです。価格は1,480円。

https://www.youtube.com/watch?v=tGvCA_C7tio

Rescuties! VR

『Rescuties! VR』は火事で逃げ遅れてしまった子猫を救出したり、沈みかけた船から犬を救出したり、宇宙を漂う赤ん坊を救うといった仕事を体験できるゲーム。しかしその救出方法はとてもおおざっぱで、どんどん投げられてくる救出対象を特定の場所へ投げ返すというもの。VRだからこそ許される非常にコミカルな内容になっています。価格は898円。

https://www.youtube.com/watch?v=tNgCximoOj4

SportsBar VR

おしゃれなバーでビリヤードなどのスポーツが楽しめるゲーム。ビリヤード、ダーツ、チェス、エアーホッケーなどが用意されており、どれも本格的なプレイを楽しむことができます。オンラインにも対応しており、複数人で対戦をすることも出来ます。また、バーにあるほとんどのものは持って投げたりできるため、スポーツ以外にも楽しみがあります。価格は1,980円。

https://www.youtube.com/watch?v=cwvyUDiHLVQ

Dead Hungry

お腹を空かせたゾンビのために食べ物を作るシミュレーションゲーム。ハンバーガーを作ったりピザを焼いたりするのは飲食店のアルバイトをしている気分です。ゾンビたちはお腹を満たすと人間に戻って去っていきます。背景は日本の雰囲気を出していますが、どことなく異世界に居るような気分に浸れます。価格は2,980円。

https://www.youtube.com/watch?v=uUdX7K0PYD8

Raw Data

『RawData』は公開当初Steamの売上1位を獲得したこともあるVRアクションゲームです。両手に銃や剣を持ち、マルチで協力プレイをしながら迫り来る敵を倒していきます。戦うフィールドが広いため、ワープで移動しながら戦います。敵の種類も豊富で、それぞれ違うアクションで倒していかなければいけません。さらに様々な種類のキャラクターや様々な武器が登場し、「ヒーロー」になった気分を味わえるようなスキルも使うことができます。様々な方向から襲ってくる敵を倒していく爽快感が特徴です。価格は2,980円。

https://www.youtube.com/watch?v=8itddgmUy0I

Trials on Tatooine

『Trials on Tatooine』はスター・ウォーズのVRゲーム。本作は映画本編『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の後を舞台で、主人公はジェダイ見習いです。武器はもちろんライトセーバーで、ブラスターを跳ね返すといった映画でお馴染みのアクションを体験可能です。ゲームというわけではなく短編的な映画の体験といったコンテンツなのでプレイする際は注意が必要です。戦闘にはR2-D2などの映画ではおなじみのキャラクターや機体が登場。ファンにはたまらない作品になっています。価格は無料。

https://www.youtube.com/watch?v=koBt4Kfb4Zw

Arizona Sunshine

数あるゾンビVRゲームの中でも屈指の完成度を誇るタイトル。ゾンビのグロテスクさも折り紙付きで撃つのさえためらいたくなります。弾薬も限られているため、武器を失う怖さに怯えながら先に進まなくてはいけません。難易度が比較的高く、上級者向けのゲームと言えます。価格は3,980円。

https://www.youtube.com/watch?v=rDc4U-9S_h0

The Brookhaven Experiment

HTC Viveの中でも一番怖いシューティングゲームが『TheBrookeHeaven』です。暗闇の中、一人で周囲から襲ってくるモンスターを撃退していかなければなりません。弾薬も限られておりライトの充電も少ない中で、非常にリアルでグロテスクなモンスターを相手にするのは心が折れそうになります。後ろを振り向いたら目の前に居ることもあるので心臓に悪いです。モンスターだけではなく、遠くから聴こえてくる音や周囲の雰囲気も恐怖感を煽ってくるためホラーゲームに慣れているプレイヤーでもやりごたえがある作品です。価格は1,980円。

https://www.youtube.com/watch?v=BPpFG2Q_V2I

Serious Sam VRシリーズ

おびただしい数のモンスターを銃で撃退するシューティングゲーム。ステージ一面を埋め尽くすような敵を薙ぎ払う爽快感は他のゲームには負けません。武器も様々な種類が用意されていて自分のスタイルに合わせた戦い方ができます。『Serious Sam VR:The Last Hope』『Serious Sam VR: The First Encounter』の2作品がリリースされており、『Serious Sam VR:The Last Hope』は一か所で敵を迎え撃ち、『Serious Sam VR: The First Encounter』は自分で移動して敵を倒していくスタイルです。どちらもオンラインでの協力プレイが実装されています。価格はそれぞれ3,980円。

http://cdn.akamai.steamstatic.com/steam/apps/256676524/movie480.webm?t=1481825198

Cockroach VR

HTC Vive対応のゲームの中でも一番恐ろしいとされているのがこの『Cockroach VR』です。このゲームは数10cmはあろうかというゴキブリを銃で倒してスコアを稼いでいくゲーム。元気よく飛びついてくるゴキブリは見るだけで鳥肌が立ちます。あくまで自分でプレイするのではなく、誰かにプレイしてもらうのがおすすめです。価格は198円。

Fruit Ninja VR

全世界で人気となったスマホゲーム『Fruit Ninja』のVRバージョン。飛んでくる果物をひたすら切ってスコアを競うゲームです。果物だけではなく爆弾も飛んでくるため、切るだけでなく避ける必要もあります。ゲームモードも複数あり、一つも落とさずに果物を切る高難度のモードなど飽きさせない工夫がされています。スマホゲームとは違い、プレイヤーは立って全身を動かすため、非常にアクティビティな作品になっています。価格は1,480円

https://www.youtube.com/watch?v=FioW-aBrGbM

AudioShield

『AudioShield』はVR初のリズムゲームです。音楽はオンラインストリーミングや、自分の持っている音楽コレクションからの選曲も可能なため、自分の好きな曲でプレイできるのが魅力です。プレイヤーの両手には盾が表示されていて、音楽に合わせて流れてくる赤の玉と青の玉を、それに対応した色の盾で防いで行くだけのシンプルなゲームです。シンプルですがかなり体を動かすため、軽いエクササイズになります。うまく弾に当てるとペンキのように飛び散るため別画面で見ているほかの人も楽しめます。価格は1,980円。

https://www.youtube.com/watch?v=FhSsdsu4yIk

Fantastic Contruption

VRならではの少し変わったパズルゲームが楽しめるのが『Fantastic Contruption』です。プレイヤーは様々な道具を組み合わせてオブジェを工作し、ピンク色の玉をゴールであるピンク色のゾーンにもっていくと目標達成となりクリアになります。ステージは50程度あり、かなりやりごたえがあります。また、このゲームの醍醐味は、外部からゲームの映像が見やすくなっているため、周囲の人と協力しながらゲームを進められる点にあります。クリアした喜びなどを誰かと分かち合えるVRゲームは非常に珍しいです。価格は2,980円。

http://cdn.akamai.steamstatic.com/steam/apps/256662523/movie480.webm?t=1459736101

Modbox

『Modbox』はVRで自分の思うがままの空間を自由に作り出せるゲーム。用意されたオブジェクトを置いた後で再生すると配置したオブジェクトでゲームをすることができます。もともと用意されているゲームもあり、それらを自分の好きに改造することも出来ます。オンラインで複数人で同じ空間を作る事もできます。オブジェクトの種類も多くステージも広大なため、複数人で遊んでも作り切れないほどのボリュームがあります。価格は1,980円

http://cdn.akamai.steamstatic.com/steam/apps/256658870/movie480.webm?t=1477331022

The Blu

『The blu』は、海中を探索しながら魚やクジラ、サンゴやアンコウといった海の生物を見ながら探索していくコンテンツ。海の中にいるサメやクラゲに襲われることはなく、コントローラーで触れる事さえ可能です。床に座りながら眺めることも、寝そべりながら上を見ることもできるため、水族館ではできないことが可能となっているのが一番の見所です。実際の海を正確に再現しているような綺麗なグラフィックが特徴で、海の中にいる恐怖感さえ感じてしまいます。価格は980円。

http://cdn.akamai.steamstatic.com/steam/apps/256662068/movie480.webm?t=1459556904

Allumette

本作は、童話『マッチ売りの少女』をモチーフとして制作されたVRアニメーションです。細部にVRらしさを匂わせる演出が多数盛り込まれており、現段階でのVRアニメーションの最高峰と呼べるほどの完成度です。現在はPlaystation VR(PSVR)、Oculus Rift、HTC Vive向けに配信されています。価格は無料。

https://www.youtube.com/watch?v=AkzdxgMBDi8

Firebird – La Peri

クラシック音楽が奏でられる中物語が進んでいくインラクティブな体験です。プレイヤーはは主人公の王子を救うために”不死の花”を探さなければなりません。4枚の花びらを手に入れるために、”La Peri”と呼ばれる太古の精霊と直面し……。音楽とダンスと美麗なグラッフィックにより、非現実的な演劇の中にいるかのような感覚になります。価格は980円。

http://cdn.akamai.steamstatic.com/steam/apps/256673235/movie480.webm?t=1477385063

関連するキーワード: HTC ViveHTC Vive新作リリース(毎日)初心者向けガイド

この記事を書いた人

  • VRで大好きな初音ミクと出会うことを夢見る大学生。ネットワークを専攻してますが、VRアプリをつくっちゃったりしてます。製作者以外の目線をVRに向けることで新たな世界が見えるのではと思いライターをやらせていただいております。

    Twitter:@yamashin0429

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ