フェイスブック、プロ仕様の“オープン”な360度カメラSurround 360を発表。画質は最高で片目8Kまで

フェイスブックは、4月12日から開催されたF8にて、新たな製品として360度カメラ「Surround 360」を発表しました。F8は毎年1回開催されているフェイスブックの開発者会議です。

https://www.youtube.com/watch?v=HEua6dQrgOg

今回発表されたSurround 360はフェイスブックが開発している360度カメラで、プロ仕様を謳っています。内蔵されているカメラは17台。側面に展開する14台のカメラはいずれも2048×2048の画質で60fpsの撮影が可能。それぞれ画角は77度とされています。すべてのカメラは同期しており、数時間の撮影でも熱がこもらないとのこと。立体視可能な3D撮影ができ、最高で片目8Kの動画が撮影できるとしています。

Surround 360

撮影した360度動画は、Facebook上にアップロードされた場合、同社の開発したストリーミング技術ダイナミックストリーミングシステムによりGear VRで高品質な360度動画として楽しめるようになります。

フェイスブックはこのSurround 360をオープンソース化するとしており、ハードウェアのデザインと各カメラの映像をつなぎ合わせるスティッチングのソフトウェアのコードをいずれも夏にはGithubに公開するとしています。

Surround 360

プロ仕様の360度カメラは、ノキアがOZOを60,000ドルで、またGoProがOdessayを15,000ドルで公表しています。

(参考)
Facebook Unveils ‘Surround 360′ an ‘Open’ 3D 360 Camera and Video Stitching Pipeline – Road to VR
http://www.roadtovr.com/facebook-unveils-surround-360-an-open-3d-360-camera-and-video-stitching-pipeline/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/