糸井重里氏らの「ほぼ日」、おとなもこどもも楽しめる「AR地球儀」発売

AR(拡張現実)は、現実にデジタル情報を重ねて表示する技術です。エンタメ分野ではキャラクターを表示させたり、教育分野では物事をより深く知ることができます。

今回、ARと地球儀を融合させた「ほぼ日のアースボール」が12月1日より発売します。スマホ向け専用ARアプリを通して地球儀を見ると、世界各国の動画や写真、テキストなどが表示されます。制作はコピーライターの糸井重里氏が代表を務める株式会社ほぼ日。価格 5,940円(税込)。

アースボールは、7つのARコンテンツを搭載し、「おとなとこどもの地球儀」というキャッチコピーを掲げている教材です。人工衛星のデータをもとに瓢湖で色分けされた地図に、国名や国境線、都市などが記載されています。有名な建築物や世界遺産、動物なども独自のアイコンで記載されているとのことです。

大きさは直径27センチ。ビーチボールのように柔らかく、空気を抜くことで小さくすることも可能です。アプリ内のARコンテンツは、新たに追加されていく予定とのこと。

本商品は、ほぼ日ストアやAmazon、東急ハンズ、ロフト、TOBICHI、TOBICHI京都、博品館などで販売されます。そのほかの詳細については特設サイトより。

アースボールで体験できるARコンテンツは以下のとおりです。

7つのARコンテンツ

世界の国々

『世界の国々』は世界各国の基本情報を知ることができる事典のようなARコンテンツです。世界各国の国旗が、それぞれの場所にアイコンで表示され、人口や面積、主な言語などの基本情報を、国ごとに知ることができます。

『昼の地球と夜の地球』

左)昼の地球、右)夜の地球

『昼の地球と夜の地球』は宇宙から見た、昼の地球と夜の地球の姿を見ることができるARコンテンツです。昼の地球では、青い海や緑の森、茶色い砂漠の分布を知ることができます。夜の大地に光るのは、世界の都市の光や、夜の海に光っているのは漁船の光といった、いろいろな地球の姿を知ることができます。

『せかいをはっけん!NHKの映像セレクション』

『せかいをはっけん!NHKの映像セレクション』は、NHKで放送されている番組「シリーズ世界遺産100」「世界ふれあい街歩き」「はろ~!あにまる」「岩合照明の世界ネコ歩き」をアースボールのために特別編集したARコンテンツです。各国の世界遺産や街の風景、自然に生きる野生動物、街角のネコなど、計32本の映像を視聴できます。

『小学館の図鑑NEO新版「恐竜」』

『小学館の図鑑NEO新版「恐竜」』は、小学館の図鑑NEO新版「恐竜」から、50種の恐竜が現れるARコンテンツです。最新の研究成果に基づいた恐竜たちの姿が、イラストでスマホ画面に出現します。

『世界のアイコンを見てみよう』

『世界のアイコンを見てみよう』は、アースボールにちりばめられたアイコンの詳しい情報を知ることができるARコンテンツです。アイコンをタップすると世界の建築物・遺跡・動物・乗り物などを、写真やテキストで学べます。

『おしえてゾウさん』

『おしえてゾウさん』は、分からない国や都市の場所を知れるARコンテンツです。国や都市の名前を入力することで、物知りなゾウさんが場所を示してくれます。

『ぼくの地球、わたしの地球』

『ぼくの地球、わたしの地球』は、スマホやタブレットに保存した写真を、アースボールに投影できるARコンテンツです。上記の画像では、公園にある落ち葉の写真をアースボールに投影している様子です。

商品の概要

商品名

ほぼ日のアースボール

直径

約27cm

重量

80g

地図データ

縮約 1:47,650,000

ARアプリ対応OS

iOS9以上、Android4.4以上(ダウンロードは無料)

価格

5,940円(税込)

制作協力

凸版印刷、NHKエンタープライズ、小学館の図鑑NEO、平凡社地図出版、Koozyt、amana

特設サイト

 https://earthball.1101.com/

(参考)
ほぼ日のアースボール 特設サイト
https://earthball.1101.com/

関連するキーワード: ほぼ日ほぼ日のアースボール

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!