グーグル、Daydreamにファーウェイ、ASUS、ZTEの4機種の対応を正式発表

グーグルは公式ブログにて、高品質なスマホVRプラットフォームDaydreamに対応するスマートフォンを発表しました。

Daydreamは、Android7.0以上をインストールした対応スマートフォンと対応ヘッドセット「Daydream View」を組み合わせることでVRを体験できます。

対応スマートフォン(Daydreamレディ)はこれまで、グーグルの「Pixel」、モトローラの「Moto Z」が発表されていました。

今回さらに3社の4機種が対応したことになります。

対応が発表されたのはファーウェイの「Mate 9 Pro」と「ポルシェデザインMate 9」、ASUSの「ZenFone AR」、ZTEの「AXON 7」です。

ZTE Axon 7

ZTEのAxon 7は、パワフルで高性能ながら低価格を実現しています。hi-fiオーディオ、5.5インチのWQHD AMOLED ディスプレイ、クァルコムのSnapdragono 820プロセッサを搭載しています。既に発売されており、Android7.0へのアップデートによりDaydreamに対応します。

ASUS ZenFone AR

ASUSのZenFoneシリーズの新型ZenFone ARは、VRとARを1つの機種で体験できる点が最大の特徴です。5.7インチのWQHD AMOLED ディスプレイ、クァルコムのSnapdragono 821プロセッサを搭載しています。

DaydreamとグーグルのAR技術Tangoに対応しており、VR/ARを体験できることができます。

関連:ASUS、VR/AR両対応で薄くて軽い新型スマホ「ZenFone AR」を発表 TangoとDaydreamに対応

ファーウェイ Mate 9 Pro / ポルシェデザインMate 9

ファーウェイのMate 9 ProとポルシェデザインMate 9はWQHDディスプレイ、ハイシリコンのKirin960プロセッサを搭載しています。

ファーウェイはスマートフォンだけでなく、対応VRヘッドセット「Huawei VRヘッドセット」を開発し、合わせて発表しています。

このヘッドセットは視力に合わせてピント調整が可能です。視野角は95度と広くなっており、消費者にとってはDaydream Viewだけでない2つ目のヘッドセットの選択肢が生まれたことになります。

(参考)

グーグル公式ブログ

https://blog.google/products/google-vr/welcoming-more-devices-daydream-ready-family/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ