デイリーランキング

Oculus Questの使用率がさらに増加 Steam、VRデバイス利用状況調査

統計・データ

2020/07/05 19:30

「10万人同時参加可能」、新たなバーチャルプラットフォームが提供開始

業界動向

2020/07/03 19:00

フェイスブックが“VRグラス”の研究成果公開、グーグルがスマートグラス企業を買収 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/07/06 08:00

3DCG等を活用した“バーチャル展示会”制作サービス、新型コロナ受け

業界動向

2020/07/06 12:00 Sponsored

網膜投影デバイス「RETISSA Display」シリーズのレンタル開始、1週間で500円から

業界動向

2020/07/03 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ASUS、VR/AR両対応で薄くて軽い新型スマホ「ZenFone AR」を発表  TangoとDaydreamに対応

ASUSはCES2017で行われたプレスカンファレンスにて、新型のスマートフォン「ZenFone AR」を発表しました。

グーグルのAR技術であるTangoに対応し、さらにハイエンドVRプラットフォームであるDaydreamにも対応したモデルになります。発売は2017年第2四半期を予定しています。

Tango向けには、3つの背面カメラを内蔵し、現実空間のモーション追跡、空間認識、奥行きが測定可能です。

また、Daydeam向けには2560×1440WQHDの5.7インチAMOLEDパネルを搭載しています。プロセッサにはTangoに最適化したクァルコムのSnapdragon821を搭載し、メモリは8GB。冷却システムを搭載しています。

グーグルによると、Tangoには既に35以上のアプリがリリースされ、さらに数が増えていくとのこと。

また、今後リリースされるアプリとして、グーグルは2つのアプリを紹介しました。

1つはGAPのショッピングアプリで、現実世界に実際の商品を呼び出してサイズの比較などができるというもの。異なるサイズを並べたり、360度様々な方向からモデルをみることができます。2017年1月末にリリース予定。

もう1つは『Hotweel』という名前のゲームで、現実空間にアクロバティックなコースを作り走らせることができるというもの。

ASUSはZenfone ARの実現にグーグルとクァルコムとのコラボが大きな役割を果たしたと述べ、発表を締めくくりました。

日常使いのスマホがARとVRに

プレス向け発表会の後にはZenFone ARに触れることができました。5.7インチの画面はやや大きいものの、具体的な数字は好評されませんでしたが手で持った限りは薄くて軽量な印象です。

Tangoが搭載されており、現在販売中のレノボ「PHAB2 Pro」は6.4インチのファブレットでスマートフォンとして使うには大きいサイズです。またDaydreamに対応しているグーグルの「Pixel」と比べても軽さと薄さはZenFone ARに軍配が上がります。放熱に関しては試すことができておらず、懸念として残ります。

ZenFone ARは日常的に使用するスマートフォンにARとVRの機能を搭載した初のデバイスとなります。


【注目の記事】
ツクモの「バーチャル写真館」で、VTuberとおしゃべり・ツーショット撮影!
新型コロナ対策に 店舗や展示会場の「バーチャル化」サービス

 

中国で進むVRデバイスの“標準化” 青島にて第1回会議が開催

2017/01/05 09:04 活用事例

リコー、24時間連続でライブストリーミング可能な全天球カメラ『RICOH R Development Kit』を発表

2017/01/05 09:04 VR動画