VRで博物館を変える フランクリン科学博物館の取組とは

image01
フィラデルフィアの中心部に位置するフランクリン科学博物館は、博物館の訪問者にVRコンテンツによる体験を提供しています。
image00

この博物館は、VRを教育イニシアチブとして初めて利用しています。先月末に初めて公開された展示として、HTC ViveとOculus Riftを使用した『Holodeck』があります。この展示はさまざまな科学コンテンツを体験できます。
image05

フランクリン博物館には、深海の底を撮影した360度動画などのモバイルVR体験もあります。訪問者への無料のGoogle Cardboard配布や、さまざまな展示でのVR体験と組み合わされています。
image03

同博物館は、2015年にチーフ・デジタル・オフィサーのスーザン・ポールトンの着任とデジタル・イノベーション・チームの創設により、デジタル戦略に着手しました。 「博物館は、新技術を一般に公開するための触媒でなければならない」とポールトン氏は語ります。
image04

image02

フランクリン博物館はあらゆる側面でVRを活用しています。実際に博物館に行くことができなくとも、モバイルVRアプリをダウンロードすることで、深海のような場所からスペースシャトルのフライトデッキのような場所までを家にいながら体験することもできます。

(参考)
Franklin Institute Transforms Museum Experience With VR
http://vrscout.com/news/franklin-institute-transforms-museum-experience-vr/

関連記事はこちら

この記事を書いた人