デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

新しいソーシャルVRアプリ『VRChat』2月1日リリース

1月24日、VRChat Incは、新しいソーシャルVRプラットフォーム『VRChat』のリリースを発表しました。2月1日に、Steamにてリリース予定です。

『VRChat』とは?

『VRChat』は、ソーシャルVRプラットフォームです。 オンラインの仮想世界でプレイヤーは、人間や、ロボット、宇宙人などのアバターに扮して、しゃべったり、遊んだり、他のコミュニティメンバーが作成した、何百もの世界を探検することができます。

https://vrchive.com/e/vE8/?code=upload&auto;_rotate=1&position;=0

メンバーで集まった様子。 さまざまな種類のアバターがあることがわかります。

予告編

https://www.youtube.com/watch?v=WPEVlZFqRNs

会話するだけでなく、キャプチャザフラッグ、バトルディスク、ボウリングなどのゲームをすることも可能です。

VRChat Incは『VRChat』の特徴として、以下のものを挙げています。

– リップシンク、アイトラッキング、まばたきなども再現可能な全身アバター

– 手のジェスチャー、エモート、絵文字で自分を表現できる

– 家族や友人とのチャット、コラボレーション、ドロー、スカルプト、ビデオの視聴

– 3次元空間オーディオで会話を聞く

– UnitySDKを使用して独自のアバターと世界を作成

– 公式およびコミュニティのイベントに参加

※日本語はサポートされておらず、言語は英語のみとなります。

VRでコミュニケーションをとれるソーシャルVRサービスは『Altspace VR』や『vTime』、『High Fidelity』、国内では『cluster.』などがあります。また、フェイスブックはソーシャルVR分野に注力しています。今後の展開が楽しみな分野です。

サービス概要

発売予定日; Steam;2月1日 http://store.steampowered.com/app/438100/

     OculusStore;リリース日は近日発表予定

価格;無料

システム要件(最低)

OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10

プロセッサー: Intel® i5-4590 、 AMD FX 8350 equivalent or greater

メモリー: 4 GB RAM

グラフィック: NVIDIA GeForce® GTX 970 、AMD Radeon™ R9 290 equivalent or greater

DirectX: Version 11

ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

ストレージ: 1 GB 利用可能

(参考)

http://store.steampowered.com/app/438100/

販売は3プラン 日本発VR用モーションシート「SIMVR」の取り扱いが開始

2017/01/27 19:00 テック

テンセント、「カンフーワールドカップ」 をVR生配信

2017/01/27 19:00 VR動画