デイリーランキング

ミランファッションウィークにバーチャルヒューマンが登場 ARグラスで表示

話題

2021/09/24 12:43

【ポケモンGO】「カラマネロ」“進化問題”に公式が言及 対応策も提供予定

ポケモンGO

2021/09/24 19:52

渋谷ハル 「VTuber最協決定戦 Season3」の運営費用を公開 赤字でも運営は続けると表明

VTuber

2021/09/23 18:02

存在しないVTuberの存在しないコラボカフェがVRChatに登場!

VRSNS

2021/09/24 17:06

VTuberが多数参加の「マイクラ肝試し」とは? 今年の出演者や過去の見どころを紹介

VTuber

2021/09/20 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

【VR映画ガイド第65回】アンネ・フランクの隠れ家を体感するバーチャルツアー

アンネ・フランクの隠れ家を体験するバーチャルリアリティツアー

新型コロナウィルス感染拡大の中、バーチャルリアリティツアーが注目されています。今回紹介する「Anne Frank House VR」はコロナ禍前に制作されていますが、実際に現地に訪れて歴史に触れる機会が難しい現状を考えると非常に貴重な作品です。

この作品は2018年にGear VRとOculus Go、Oculus Rift向けにリリースされましたが、2019年にはOculus Quest向けにもリリースされています。Gear VRとOculus Go向けのものでは360度の映像を見渡すだけでしたが、Oculus RiftやOculus Quest向けのものではルームスケールを使ってアンネ・フランクの隠れ家の中を歩けたり、家具などに触れたりすることができます。

不動産や旅行業界で使われることが多かったバーチャルリアリティツアーですが、今後は博物館や美術館、歴史建造物等でも空間を感じながら、インタラクションを使って歴史に触れるような作品にも多く使われるのではないかと思います。

第二次世界大戦の時代にさかのぼって、世界的に有名なアンネ・フランクの隠れ家の中をさまよいます。そこはアンネ・フランクや彼女の家族、他4人のユダヤ人がナチスの迫害から身を隠していました。

デジタルの力で忠実に再現された家の中を歩き回り、住民たちに何が起こったのか、アンネ・フランクの言葉から知ることができます。

オススメのポイント

1. アンネ・フランクの隠れ家を体感

本棚の裏に隠された秘密の扉からアンネ・フランクの隠れ家に入って行きます。廊下に出ると1階に2部屋、2階に1部屋あることが分かります。人が歩く音や生活音が静かにするので、人の気配を感じます。

アンネ・フランクと家族の部屋は1階の奥の部屋にあります。家族4人で暮らせるような大きさではない、とても小さなスペース。アンネ・フランクの部屋もベット1つ置けば他のものは置けないほど。窓も塞がれ、薄暗く、こんな状況で2年以上も暮らしていたかと思うと、とても耐えられるものではないと感じられました。

彼女は本を読んだり、ラジオを聞いたりしながら辛い状況をやり過ごし、隠れ家の生活を日記に書いていたようです。実際、現在のアムステルダムにあるアンネ・フランクの隠れ家には家具や生活必需品等は置かれておらず、何も無い空っぽの状況ですが、「Anne Frank House VR」では膨大な過去の資料から、実際にアンネ・フランク一家が住んでいた状況を再現されています。

キッチンに置いてある食料やテーブルの本、アンネ・フランクの寝室の壁に貼ってある写真なども細かく再現されているため、部屋の扉から本人が入って来そうな感じがするぐらいリアルな体験でした。

2. “Story Mode”と“Tour Mode”

作品では“Story Mode”と“Tour Mode”を選択できます。“Story Mode”ではアンネの日記をベースにナレーションが流れ、部屋をガイドしてくれます。このため、その部屋が何の部屋だったのか、主に何をして過ごしていたかなど当時を想像しながら隠れ家を体験できます。

“Tour Mode”はガイドはなく、自由に歩き前われるようになっているので、1度“Story Mode”で見た後、“Tour Mode”で見たい所や見落としていた所を見返すのが良いのではないかと思います。この2つのモードは今後、バーチャルリアリティツアーをやる上で参考になるのではないでしょうか。今、様々なシーンでバーチャルリアリティツアーを使う機会が増えていますが、この作品のような体験者のことをよく考えて作り込みをする必要があるでしょう。

3. 「アンネの日記」によって語れる物語

今回一番感動したのが、“Story Mode”で隠れ家を体験している際に、アンネの日記から引用された様々な状況や想いがナレーションとテロップで表現され、アンネ・フランクが生活していることを想像しながら体験できたことでした。

作品の後半になるとナチスに気付かれないように、夜は少しの音も出さないようにひっそりと暮らしていたり、いつか外に出られるのか不安になったり、作品を見ながらアンネ・フランクの息苦しさが伝わってきました。

最終的にはここで暮らしていたアンネの家族や他の住民4人もナチスに捕まってしまい、アンネ・フランク自身、強制収容所で亡くなってしまいます。アンネが2年以上過ごしたこの隠れ家が、ナチスから身を隠すことができた安全地帯で、アンネが自由に想像を膨らませることのできた唯一の場所だったのかと思うとやるせない気持ちで一杯になりました。

作品データ

タイトル

Anne Frank House VR

ジャンル

ドキュメンタリー

制作プロダクション

Force Field

制作年

2018年

制作国

アメリカ

本編尺

約25分

視聴が可能な場所

Oculus Store:
https://www.oculus.com/experiences/go/1596151970428159/

https://www.youtube.com/watch?v=HCFUuyi-lIc

この連載では取り上げてほしいVR映画作品を募集しております。
自薦他薦は問いません。オススメ作品がありましたら下記問い合わせ先まで送ってください。よろしくお願いします。
VR映画ガイドお問い合わせ:[email protected]


この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(9月4日~9月10日)

2021/09/12 20:00 VTuber 最新ニュース一覧

フェイスブックがスマートグラス発売、ロボット研究者の石黒浩氏がアバター活用企業を設立 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2021/09/12 20:00 業界動向
VR/AR/MR 用語集