デイリーランキング

「SUPER HOT VR」から“自傷シーン”が全削除 ユーザーからは大きな反発

ゲーム・アプリ

2021/07/27 14:56

ホロライブVTuberと会えるスマホアプリ「ホロリー」が大型アップデート発表

ホロライブ

2021/07/28 18:57

にじさんじVTuberが人気ゲーム実況グループ「ナポリの男たち」とコラボ配信決定!

にじさんじ

2021/07/29 12:25

「Oculus Quest 2」接顔パーツの無償交換が実施、対象は全ユーザー 手続きは公式サイトから

Oculus Quest

2021/07/28 12:42

ディズニー風に変身できるARレンズが「スナップチャット」で流行中!

AR/MR

2021/06/18 19:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

【VR映画ガイド第50回】壁の中にオオカミはいるのか? 少女と体験する不思議な冒険

エミー賞を受賞した全3部作のVRアニメーション

2019年にエミー賞を受賞している「Wolves In the Walls」はFable Studioが制作した全3部作のVRアニメーション作品です。この作品はMogura VRでも何度か紹介されています。2020年11月20日にOculus Quest, Oculus Quest2版が公開されました。

主人公である8歳の女の子ルーシーは、彼女の家の壁に“オオカミ”がいると信じています。しかし、彼女の家族は誰もルーシーが言うことを信じていません。体験者はルーシーの友人となって、協力して”オオカミ”の存在が分かる証拠を探し出し、ルーシーの家族に迫った危険から守る手助けをしなければなりません。

原作者のニール・ゲイマンは劇場公開映画「コララインとボタンの魔女」などの小説が有名で、コミック、グラフィックノベル等でも世界的に知られています。

オススメのポイント

1. 冒頭のチュートリアルの巧みさ

VR映画は最初の1分が、最後のオチと同じぐらい重要です。物語の冒頭で作品の世界観やどうようなルールの中で物語が展開してくのかを理解してもらう必要があります。もし理解しないままで作品を体験し続けると、最後まで作品の内容がわからなくなる可能性があります。

「Wolves in the Walls」は冒頭で作品世界を壊すことなくチュートリアルとして落とし込んでいます。物語が始まると、空間にチョークで懐中電灯が描かれ、その懐中電灯を体験者は持つことができます。辺りを照らすと目の前のタイトルクレジットが浮き上がるように。

さらに、そのクレジットから飛び出してきたハエを懐中電灯で追ってみると、色々な所に別のクレジットが隠されていることがわかります。

この冒頭だけ、体験者はイマジネーションがかたちになる作品だと理解し、その上で360度全体を見渡す物語であることにも気付けるのです。とても良い演出でした。

2. VRを知り尽くした演出

制作のFable Studioは、2017年に閉鎖されたOculus Story Studioのメンバーが中心の会社です。「Dear Angelica」や「Henry」などVRアニメーションにとって重要な作品を制作したメンバーによって作られているため、数多くの演出がされています。

VRペイントアプリのQuillを使った映像表現や空間音響はもちろん素晴らしいのですが、体験者をどんどん巻き込んでいくインタラクションが本当に凄まじい。

インスタントカメラでオオカミを撮影するインタラクションをはじめ、コップを壁に当てて壁の向こうの音を聞かせる演出や、チョークを持って壁に落書きするシーン、VR映画のなかでVRゲームをさせる仕掛けなど、体験しているうちにどんどん物語の世界に没入していきます。

物語にとって重要でないインタラクションは、体験者にただの“作業”だと思わせしまうもの。その点「Wolves in the Walls」は“作業”はなく“インタラクション”として機能していて、物語の中で重要な役割を担っていました。

3. “私”が存在する物語体験

「Wolves in the Walls」で体験者である“私”はこの物語の中に存在していると実感できます。

この作品は物語の空間の中を自由に歩行可能です(できれば広いスペースでやった方が良いです)。ルーシーと2人で部屋にいるシーンでは、私がどこにいてもルーシーはこちらに目を合わせて話しかけてくれます。

これだけでも驚かされるのですが、物語中盤でオオカミから逃げようとする時にルーシーがユーザーに向かって手を差し伸べるシーンは、さらに必見です。手に触れるとルーシーが私の手を握ってくれるのですが、そのときの手が本当に握られているような感覚となりました。つまり、ルーシーが“私”の存在を感じさせる大きな役割を担っているのです。

実はルーシーはAIを駆使したキャラクターで、プログラミングされた動きだけをするキャラクターとは違い、体験者の行動に対応するようになっています。このため、ルーシーと本当にコミュニケーションしているようにも感じられました。

Fable Studioは今後VRの世界だけではなく、現実世界のSNSやメール、音声、Zoom等でもルーシーとコミュニケーションを取れるようにしていくそうです。Fable Studioが描くルーシーとの物語は、この作品で終わったわけではなく、まだまだ続きそうです。

作品データ

タイトル

Wolves in the Walls

ジャンル

アニメーション

監督

Pete Billington

制作年

2020年

本編尺

約40分

制作国

アメリカ

視聴が可能な場所

Oculus Store:
Quest
https://www.oculus.com/experiences/quest/2446271755437605/ 
Rift
https://www.oculus.com/experiences/rift/2272579216119318/?locale=ja_JP 

Trailer

https://www.youtube.com/watch?v=r-H5U6dV0VM

この連載では取り上げてほしいVR映画作品を募集しております。
自薦他薦は問いません。オススメ作品がありましたら下記問い合わせ先まで送ってください。よろしくお願いします。
VR映画ガイドお問い合わせ:[email protected]


【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社以上が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

ソニーの「次世代VRシステム」のコンテンツ方針がちょっとだけ明らかに。投資家向け資料から判明

2021/05/29 12:30 PlayStation VR(PSVR)最新情報

静岡新聞社・静岡放送公認VTuberデビュー決定、キズナアイ5周年ライブにえなこゲスト出演【VTuberデイリーニュース 5/28号】

2021/05/29 12:30 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集