デイリーランキング

VTuberの投稿した「早口言葉」動画がTikTokで大ブームに 投稿された関連動画の総再生数は1億を突破

VTuber

2022/01/19 19:39

ボタンひとつで女性アバターを自動生成できるアプリが登場! VRSNSでも利用できる

ゲーム・アプリ

2022/01/20 16:06

にじさんじ 4th Anniversary LIVE 「FANTASIA」DAY2が中止 出演者のコロナ陽性反応により

にじさんじ

2022/01/20 14:40

【ドラクエウォーク】「氷魔の結界」の発生スケジュール発表 普段は現れない配下モンスター登場

ドラクエウォーク

2022/01/20 16:05

志望者必読! VTuberオーディション情報まとめ【2022年1月】

VTuber

2022/01/13 15:16

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

【VR映画ガイド第45回】灯台に住む父娘の運命…ハリウッド注目のVRアニメ

VR表現の可能性を広げたPenrose Studios制作の待望のVRアニメーション

「Arden’s Wake」は、海難事故で母親を亡くしてから海の上にポツンとある灯台に父親と2人暮らしをしている少女のお話です。少女は父親から海に入ることを固く禁じられています。ある日父親がダイビング中に行方不明になってしまい、少女は意を決して、海中に父親探しの旅に出ます。少女の自立と成長の物語です。

この作品と出会ったのは2016年にロサンゼルスのパラマウント・ピクチャーズ・スタジオで開催された「VR On the Lot」というイベント。ソニーやフォックス、ディズニーといった当時のハリウッドメジャースタジオが注目する展示会で、特に話題になっていたのが「Arden’s Wake」でした。

私もその噂を聞いて、デモブースに行ったのですが、順番待ちで数時間待ってやっと体験することができたのを思い出します。

あれから5年、やっとオンライン販売が開始になりました。制作は「The Rose and I」や「Allumette」を発表し、VR表現の可能性を広げたサンフランシスコのVRアニメーションスタジオPenrose Studiosです。

オススメのポイント

1. Penrose Studiosお得意のジオラマ的演出の完成形

これまでPenrose Studiosが制作した作品は、ジオラマやドールハウスを眺めるような演出で魅力でした。

「The Rose and I」では、夕日を眺める主人公の背中のシーンで、ユーザーが回り込んで顔の表情を確認できる新たな映像体験を見せています。「Allumette」では空飛ぶ船が自分の顔を突っ込んできて、船内の物語を見せる驚きの映像を体験させました。

今作では、この演出の完成形と言える演出を見せてくれます。主人公ミーナと父親が暮らしている海上にある灯台のシーンは、今までやってきたPenrose Studiosお得意のジオラマ的な演出が施されています。

進化と言えるのが、ミーナが父親を探しに海中を冒険しているシーンです。亀やエイたちが近づいてくるのに驚き、さらに白い竜が現れた時にはその大きさと存在感に驚かされました。

今までジオラマやドールハウスを覗き込むような演出がメインだったPenrose Studiosの作品でしたが、「Arden’s Wake」ではこれまでのジオラマ演出にスケール感が加わった感じがします。

小さな世界を覗き込んでいたのに、急に自分よりも大きなスケールの物体が出てくるので、驚きをより感じます。Penrose Studiosが進めてきたこれまでの演出とスケール感を見せる演出はファンタジー作品を見せるには非常に効果的な方法だと思います。

2. 圧倒的な世界観を実現させたシステムMaestroの存在

Penrose Studiosがハリウッドから注目される理由の一つが、彼らがVRアニメーション制作のために開発した「Maestro」という制作システムです。

一般にVR映画を制作するには、フレームモニターやVRヘッドセットを使用します。しかし
、それではリアルタイムでのオペレーションが非常に難しい状況です。Maestroであれば、クリエイターやエンジニアなどのスタッフが同じVR空間にアクセスをして、制作を進められます。

Maestroが無ければ「Arden’s Wake」のような壮大な世界を描けなかったと、Eugene Chung監督が説明しています。灯台や海底船の緻密な表現と海と空の美しい表現は多勢のクリエイターやエンジニアの努力の結晶がこのシステムを通して実現された証なのかもしれません。

3. Penrose Studiosの次の一手

Penrose Studiosは、2017年に発表した「Arden’s Wake」で、第74回ベネツィア国際映画祭の「Best VR」を受賞し、世界中の映画祭で評判になりました。

その後、今回の配信のニュースが発表されるまで、Penrose Studiosについて全く話題に上がることがありませんでした。「Arden’s Wake」の次回作についても進んでいるのかどうかもわかりません。「Arden’s Wake」を制作した後、Eugene Chung監督はインタビューでこう話しています。

「今後インタラクティブ機能を追加した作品も興味があります。ストーリー全体を通して完全なインタラクティブ機能を構築し、それらを連携させるにはどうすれば良いでしょうか?それには多くのAIが必要になります。」

今は静かなPenrose Studiosですが、次の作品は多くの人が驚くような作品を発表するかもしれません。

作品データ

タイトル

Arden’s Wake

ジャンル

アニメーション

制作プロダクション

Penrose Studios

制作年

2017年

本編尺

約30分

制作国

アメリカ

視聴が可能な場所

Oculus Store
https://www.oculus.com/experiences/rift/1731009406957041/
Viveport
https://www.viveport.com/0078ebc7-d6aa-41bd-aa48-6fa632556a65 
Steam
https://store.steampowered.com/app/1550230/Ardens_Wake/ 

Trailer

https://www.youtube.com/watch?v=NtQyn7HPxZA

この連載では取り上げてほしいVR映画作品を募集しております。
自薦他薦は問いません。オススメ作品がありましたら下記問い合わせ先まで送ってください。よろしくお願いします。
VR映画ガイドお問い合わせ:[email protected]


【注目の記事】
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

幽霊になったのに幽霊が襲ってくる理不尽VRホラーがリリース!

2021/04/24 12:00 ゲーム・アプリ

舞台「カタシロRebuild」に白上フブキら出演、ZERO Project 2周年記念イベント開催【VTuberデイリーニュース 4/23号】

2021/04/24 12:00 VTuber 最新ニュース一覧