デイリーランキング

【ドラクエウォーク】35周年イベント開催! 初代「ドラクエ」が復刻中

ドラクエウォーク

2021/05/14 11:06

にじさんじと「ばかうけ」がコラボ、ホロライブ カードゲーム「ヴァイスシュヴァルツ」に登場【VTuberデイリーニュース 5/12号】

VTuber

2021/05/13 15:58

グロすぎるVR剣闘ゲーム「GORN」Quest版が日本語に対応

ゲーム・アプリ

2021/05/14 11:37

【ポケモンGO】5月コミュニティ・デイの詳細が発表 メガチルタリス初登場

ポケモンGO

2021/05/14 15:21

今すぐVTuberになれる! お手軽ツール32選を徹底紹介(2021年最新版)

VTuber

2021/04/11 20:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

【VR映画ガイド第43回】スラヴ民族の神話を元にした魔法の森の不思議なおはなし

世界のVRアニメーションを牽引するBaobab Studiosの最新作

「Baba Yaga」は世界のVRアニメーションを牽引する制作会社に成長したBaobab Studiosが制作しています。監督はドリームワークスで「マダガスカル」シリーズを手がけたエリック・ダーネル監督が務めています。

エリック・ダーネル監督は過去に「INVASION!」「ASTEROIDS!」「CROW THE LEGEND」「BONFIRE」とVRアニメーションでも数々の話題作を制作しています。VRならではの演出方法を提示し、さらに新たなインタラクションやAIなどを使ってVRアニメーション作品を進化させています。

今作ではハンドトラッキングを採用し、ユーザーの選択によって結末が変わるマルチエンディングなストーリーになっています。また声の出演者も豪華です。ケイト・ウィンスレット(「タイタニック」)、デイジー・リドリー(「スター・ウォーズ」シリーズ)、ジェニファー・ハドソン(「ドリームガールズ」)、グレン・クローズ(「天才作家の妻」)という有名ハリウッド女優が集結しています。作品への本気度がうかがえます。

内容はスラヴ民族で伝えられてきた神話を元にしています。魔女のBaba Yagaは善悪の魔法を使って、侵入してくる村人から魔法の森を守っています。ある時村の長でもあり、体験者と妹のマグナの母親でもあるチーフが死の病にかかってしまいます。

Baba Yagaから魔法の花を手に入れるため、体験者と妹のマグナは魔法の森に入って、隠された謎を解き明かし、様々な恐怖に立ち向かわなければなりません。

オススメのポイント

1. レベルの高いVRの視覚表現と視線誘導

いくつものVR作品を制作しているBaobab Studiosだけあって、かなりレベルの高い演出が見られます。アニメーションは東ヨーロッパの神話を現代風にクラシックなタッチの表現です。

エピローグを語る際には空間を感じさせながら、見える範囲を限定させてテンポよく進めていました。説明の部分を非常にスマートに、短い時間で進めるのはさすがです。

また魔法の花を使ってユーザーの視線を誘導。妹のマグナが案内役となって見る先を教えてくれるので、空間を移動するのでほとんど迷うことなく、ストーリーに没入できます。

2. 巧みな構成

この作品は椅子に座らず、立ったままの体験をおすすめします。本編尺が23分と長めなので、立って体験するには少し長いなと思ってしまうかもしれませんが、全く長さを感じませんでした。それもきっとよく考えられたコンテンツの構成のお陰かもしれません。

作品の中ではいくつかのエピソードに分かれて物語が展開していくのですが、1エピソード、1シーンで構成されており、そのシーンの中で必ず体験者に何か役割を与えられており、1つ以上のインタラクションが用意されています。そのため、23分飽きることなく一気に物語を体験しました。

3. “私”は重要な登場人物

Baobab Studiosの制作する作品はいつも体験者=”私”という存在が物語の重要な役割を担います。傍観者的に物語を見るだけの作品はほとんどありません。だんだんと技術のレベルが上がってきており、完成形に近づいている気がします。

今回もハンドトラッキングとマルチエンディングを活用しているのですが、技術を見せびらかすのではなく、体験者=”私”と物語を深くつなげる要素になっています。

ハンドラッキングはコントローラーを使わず、自分の手をトラッキングするので、振動等のリアクションはなくなりますが、妹のマグナからランプを受け取ったり、魔女のBaba Yagaから魔法の杖を奪ったりと、自分の手を動かすアクションがあり、これにより自然と物語の中に入って行くことができます。

クライマックスで自分の手から魔法が出せるようになった時、本当に魔法使いになったような気分になり感動しました。現実では決してできないことがバーチャルリアリティでは実現できる素晴らしい演出です。

またマルチエンディングに関しても、AかBかを選択するような分岐ではなく、物語の中で体験者=”私”が判断に迫られる展開になっています。それは最終的に物語の全てを変える重要な選択だということが分かるようになっています。VR映画作品において体験者の役割を追求することは本当に重要だということを再確認しました。

作品データ

タイトル

Baba Yaga

ジャンル

アニメーション

監督

Eric Darnell

制作年

2020年

本編尺

約23分

制作国

アメリカ

視聴が可能な場所

6DoFバージョン: Oculus Store (https://www.oculus.com/experiences/quest/3727135290647922/)

Trailer

https://www.youtube.com/watch?v=F5AGTYtNJ3c

この連載では取り上げてほしいVR映画作品を募集しております。
自薦他薦は問いません。オススメ作品がありましたら下記問い合わせ先まで送ってください。よろしくお願いします。
VR映画ガイドお問い合わせ:[email protected]


【Oculus Quest 2】4月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2021/04/10 12:30 ゲーム・アプリ

VRヘッドセット専用の壁掛けラック「VR Powerwall」登場

2021/04/10 12:30 話題
VR/AR/MR 用語集