デイリーランキング

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

Oculus Rift S、GDCで発表か?複数の開発者がメール入手

Oculus Rift

2019/03/18 11:00

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年2月版)

Oculus Quest

2019/02/17 19:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

360度どこを見ても木桶 「VR KIOKE」

VRや360度動画は、日常ではあまりできないような体験ができます。今回、おそらくほとんどの人にとっての非日常となる「木桶の中に入る体験」ができる異色のコンテンツが、東京・秋葉原にある「日本百貨店しょくひんかん」にて展示中です。いったい、どんなものなのでしょうか…。


『VR KIOKE』の体験内容

『VR KIOKE』は、VRゴーグル「BotsNew VR」を装着することで、まるで自分が木桶の中にいるような体験ができるコンテンツとなっています。この斬新な展示を行っている店長の蓑島学氏にお話を伺いました。

蓑島氏によると、『VR KIOKE』は2017年3月に小豆島の醤油蔵であるヤマロク醤油株式会社が立ち上げた「木桶職人復活プロジェクト」の一環で醸造用の木桶を展示したことが始まりとのことです。しかし、見た目のインパクトはあるもの中々思うようなリアクションが得られなかったそうです。

そこで「もっと木桶に触れてもらいたい!」という思いから生まれたのが『VR KIOKE』。日本百貨店しょくひんかんは、若い人からお年寄り、外国からの利用者も多いため、誰でも楽しみやすいシンプルなコンテンツを作ったとのことです。


メッセージカード

コンテンツの隣には、蓑島氏の思いと、なんとも微笑ましい注意書きのコメントが添えられています。なお『VR KIOKE』の展示期間は特に決まっていないとのことです。

 

矢野経済研究所、VR市場動向と企業戦略の調査レポート発売

2017/11/01 18:00 ビジネス活用事例

PSVR対応『エースコンバット7』VRでのドッグファイト動画が公開

2017/11/01 18:00 PlayStation VR(PSVR)