Home » 少年ジャンプ+に「VR×AI×宗教」がテーマの読み切り漫画が登場


話題 2021.06.16

少年ジャンプ+に「VR×AI×宗教」がテーマの読み切り漫画が登場

6月16日(水)スマホアプリ「少年ジャンプ+」に読み切り漫画「宗教的プログラムの構造と解釈」が掲載されました。作者は左武原さん。漫画のタイトル名が一時Twitterトレンドに掲載されるなど、現在注目を集めています。


© SHUEISHA Inc. All rights reserved.

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

「宗教的プログラムの構造と解釈」は、大学生の香椎が知人の函南からVRアバターを利用した“神”の制作を依頼されるという物語で、完全自立型のAIが予想外の方向へと進化していく過程が描かれています。特に物語の結末については、SNSユーザーがさまざまな感想や考察を投稿しています。

作者の佐武原さんは、2021年2月に「いつか帰郷をくちずさんで」(コミックDAYS)で「アフタヌーン四季賞2020春 四季大賞」を受賞しており、こちらの作品ではビッグデータを利用した災害余地技術が物語に大きく絡んでいます。2作を読み比べてみると、面白い発見があるかもしれません。

「宗教的プログラムの構造と解釈」
https://shonenjumpplus.com/episode/3269754496358577604

「いつか帰郷をくちずさんで」
https://comic-days.com/episode/13933686331798188575

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
(参考)少年ジャンプ+


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード