デイリーランキング

VTuberの間で「じゃあなんすか」構文のパロディ画像が流行中

VTuber

2020/01/23 19:23

【ドラゴンクエストウォーク】残る上級職の詳細判明 実装日も告知

ゲーム・アプリ

2020/01/24 20:08

セレブも続々投稿 ルーレット形式の“守護キャラ”フィルターが海外のインスタで流行中

AR/MR

2020/01/05 12:10

Candee、VTuber事業から一部撤退 「ミギナナメ/」「おとりざ」は個人勢等に

VTuber

2020/01/24 15:55

VTuberねむみ、「UUUMネットワーク」への参加を発表

VTuber

2020/01/24 13:37

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

バーチャルキャラクターとの一体感が特長のVR作品、エミー賞受賞

Fable StudioによるVR映像作品、“The Wolves in the Walls”がエミー賞を受賞しました。本作は、同タイトルの絵本であるNeil Gaiman氏の原作をもとに、インタラクティブなVR映像作品として制作されました。

想像力豊かなルーシーの世界へ

物語の主人公は想像力豊かな8才の少女ルーシー。部屋の壁の中に、凶暴なオオカミがいるはずだと強く疑っています。果たして本当にオオカミがいるのか、プレイヤーはルーシーと一緒になって物語を進めます。

ルーシーが不安な気持ちにさいなまれると、部屋が歪んだりというように、彼女の感情に合わせて変わる世界を体験することになります。

バーチャルキャラクターとの一体感

物語の傍観者ではなく、8才の少女と同じ目線で物語を一緒に体験してもらう。たとえバーチャルな存在であっても、キャラクターとの一体感が感じられるというのが本作の特徴だと、制作陣は語っています。

本作の中で、ルーシーは単に筋書き通りにふるまうだけのキャラクターではありません。プレイヤーがどのようにルーシーと接するかによって、彼女の反応もまた変わるとのこと。
このために、より活き活きとしたキャラクターとしてルーシーの存在を感じられることになるでしょう。

なお、本作は現在、Oculus Storeにてアーリアクセス版が無料公開されています。

(参考)VRScout


新プロジェクト「ソード・オブ・ガルガンチュア」の対人戦版が発表!

2019/08/29 12:11 ゲーム・アプリ

新宿アルタビジョンに夢月ロアと笹木咲が登場 「終末RADIO」生配信

2019/08/29 12:11 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集