デイリーランキング

「ホロライブプロダクションカードチョコ」ローソンで発売、「VTuberのあそびば」仮面ライダーを語る番組がニコ生で配信【VTuberデイリーニュース 9/17号】

VTuber

2021/09/18 16:00

【ポケモンGO】コミュニティ・デイにミジュマルが大量出現! 19日から開催

ポケモンGO

2021/09/17 11:10

【Oculus Quest】v33アップデート順次配信開始 「Oculus Link」&「Air Link」が画質向上

Oculus Quest

2021/09/17 11:17

フェイスブック、本格派VRアートツール「Quill」を譲渡 別アプリとして配信へ

ゲーム・アプリ

2021/09/18 19:00

志望者必読! VTuberオーディション情報まとめ【2021年9月】

VTuber

2021/09/07 17:10

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

歩き回って音楽を聴く、海外アーティストがARで生み出す“空間音楽”

アーティストでありミュージシャンでもある、Will Copps氏による“空間音楽(Spatial Music)が注目を集めています。

https://www.youtube.com/watch?v=3w4L327couI

ARでサウンドの位置や動きをコントロールする

音楽活動を15年以上行ってきたCopps氏の“空間音楽”は、音楽フェスティバルで「4D Sound System」というシステムに触れたことから始まりました。これは複数の360度スピーカーから構成されており、体験者の立ち位置によって音楽の聴こえ方が変わります。

この「4D Sound System」を体験したことが、Copps氏が空間音楽を志向する直接のきっかけになったとのこと。その後Copps氏は、2017年、アップルのARフレームワークである「ARKit」やゲームエンジン「Unity」を活用、空間音楽アルバム「Year One」をリリースしました。


(Will Copps氏)

「Year One」は、「4D Sound System」とは異なり、ARを活用して制作されています。360度スピーカーとの位置関係でサウンドが変わるのではなく、音楽のそれぞれの要素(ボーカル、ピアノなど)が特定の位置に固定されています。リスナーは、各要素の位置や動きなどをコントロールすることができます。

Copps氏は、こうしたARテクノロジーがリスナーと音楽アーティスト双方にとっての次のパラダイム・シフトである、と語っています。

過去千年間に渡って、我々は音楽のフォーマットについてわずかな変更しか加えてきませんでした。モノラルをステレオに、ステレオをサラウンドに。私は、ステレオから空間音楽に移行することは、音楽の次の飛躍であると考えています。

さながら未来のギターレッスン? ARで変わる音楽 | Mogura VR

さながら未来のギターレッスン? ARで変わる音楽 | Mogura VR

MoguraVR

ARでブルーノ・マーズが出現 スナップチャットが歌手やラッパーとコラボ | Mogura VR

ARでブルーノ・マーズが出現 スナップチャットが歌手やラッパーとコラボ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)ARPost


XRコンソーシアムが新理事を発表 VR/AR業界のプレイヤー揃え強力な布陣で業界推進

2019/10/15 18:00 業界動向

サイバーパンクなVRリズムゲーム「Synth Riders」10月末リリース

2019/10/15 18:00 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集