ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「スペチャンVR」はオリジナルストーリー&ステージも展開! PSVR版体験レポ【TGS2018】

2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(TGS2018)。本イベントでは、グランディング株式会社が開発中のPlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)対応ゲーム「スペースチャンネル 5 VR あらかた★ダンシングショー」の体験デモ版が出展されています。

デモが体験できるのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブース(ホール4)、およびグランディングのブース(ホール10 VR/ARコーナー内10-W19)です。なお、グランディングブースでは2人同時プレイが可能です。


(こちらはグランディングブース)

本タイトルは、未来の宇宙テレビ局のリポーター”うらら”と新人リポーターであるプレイヤーが、地球に襲来した謎のダンシング宇宙人”モロ星人”により人々が踊らされている……という怪事件を生中継。踊って戦って番組視聴率をアップさせていくという内容です。

今回のデモはPSVRと両手にPlayStation Moveを持ってプレイ。うらら先輩や“モロ星人”など、敵の「アップ」「ダウン」「ライト」「レフト」などの声に従い、リズムにあわせて指示された通りに体を動かします。過去の家庭用ゲーム機版では方向キーとボタンで操作していたものを、実際に全身を動かしポーズを決めることでプレイでき、作中の事件現場にその身をもって入り込めるというものです。

https://www.youtube.com/watch?v=ahyLFrJr6ao

体験デモのゲーム部分については、2018年2月の闘会議でのHTC Vive版デモとほぼ同じ。そちらは下記の記事で詳しく紹介しています(もちろん、何言ってるんだか分からないような独特の世界観についてもあらかた説明しております)

あの名作ダンスゲームをVRで『スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー』体験リポート | Mogura VR

あの名作ダンスゲームをVRで『スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー』体験リポート | Mogura VR

MoguraVR

さて今回、プレイヤーキャラクターとして“うらら”の後輩となる双子姉妹“ルーちゃん”、“キーちゃん”のビジュアルが公開されています。この双子姉妹の姿はプレイヤー自身の身体として、そしてモニターに映る姿としてゲーム中に見ることができます。

今回はPSVR版を体験しましたが、ゲームプレイ上全く必要がないのに、うらら先輩が歩くのに合わせて自分も腰をくねらせてしまったり、リズムにあわせて「ライト」「レフト」と口にしてしまう没入度は健在でした。

https://www.youtube.com/watch?v=P4CLVnnIS-c

デモの冒頭には「製品版をプレイするときは周りをきちんと片付けて」とのアナウンスが入るのですが、実際に体験すると手も体も上下左右に動かすので、周囲のモノをきちんとどかしておくのは重要です。と同時に、プレイヤーの手の動きを検知するためのPlayStation Moveも当然上下左右に動かすので、きちんとMoveを検知できるようにPlayStation Cameraを設置しておく必要性もありそうですね。

さて、今回のデモでプレイできたのは家庭用ゲーム機版を彷彿とさせるステージ。当時プレイした筆者としてはまさにゲームの中に入っていると実感できたのですが、実はこの後新しいステージやストーリーが展開されるとのこと。これは早くうらら先輩と一緒に色んな現場でリポートをしたくなるというものです!

「スペースチャンネル5 VR」のPSVR版は、「スペースチャンネル5」が発売されて20周年記念となる2019年内の発売を予定しています。

©SEGA ©Grounding Inc.

(参考)「スペースチャンネル 5 VR あらかた★ダンシングショー」公式Webサイト、グランディング株式会社 公式Webサイト

Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

tabata hideki
「ゲームと社会をごちゃまぜにして楽しんじゃえ」がモットーの、フリーのコンテンツ開発者。節電ゲーム「#denkimeter」の開発担当だったり、最近はVRコンテンツも作ってます。 本業は、アイマスP(アイドルマスターのファン)を。

Twitter:@hitabataba

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集