Home » 「Rec Room」でオリンピックのようなバーチャル競技大会が開催!


ソーシャルVR 2021.08.12

「Rec Room」でオリンピックのようなバーチャル競技大会が開催!

ソーシャルVRアプリ「Rec Room」のバーチャル競技大会「Reclympics」が8月14日から9月5日までの3週間にわたり開催されます。現在、各競技に参加するユーザーの参加受付も全プラットフォームで始まっています。

「Reclympics」は世界中のプレイヤーが「Rec Room」内の地域の代表として参加し、カスタムメイドのゲームで競い合う競技大会。いずれのゲームも1日がかりのトーナメント形式になっており、様々な報酬が用意されています。

開催される競技及び日時は以下の通り。(※太平洋標準時となります)

◇スタントランナー
:8月14日午前11時~午後3時開催

◇レーザータグ
:8月15日午前11時~午後3時開催

◇アーチェリー
:8月21日午前11時~午後3時開催

◇ドッジボール
:8月22日午前11時~午後3時開催

◇円盤投げ
:8月28日午前11時~午後3時開催

◇アルティメットフリスビー
:8月29日午前11時~午後3時開催

◇ペイントボール
:9月4日午前11時~午後3時開催

いずれの種目も優れた記録を残した個人やチームに対しては金銀銅のメダルが授与。また、イベント期間中に「Reclympics」のルームを訪れたプレイヤーには「Reclympics」のアバター用シャツがプレゼントされます。

なお、各種目に申し込む前には代表となる地域の選択が必須です。選べる地域は以下8つ。いずれも「Rec Room」をベースにしたものになっています。

◇Paintball Plateau
◇Rec Room Main Campus
◇Cyberjunk City Limits
◇Creator Commonwealth
◇The Isles of Lost Skulls
◇Crimson Bog Swamp
◇The Goblin Kingdom
◇Frontier Island

参加に当たってはアカウントのレベルが30以上であること、確認済みのメールアドレスを持っていること、そして各イベントの開催時間帯全てに参加可能であることといった、いくつかの条件と資格が必要です。

また、既に「スタントランナー」と「レーザータグ」に関しては募集を締め切っており、残る5種目は執筆時点でも受付中。その内、最も締め切りが近いのは「アーチェリー」と「ドッジボール」で8月12日まで。

登録方法のさらなる詳細は、こちらの公式紹介ページを参照ください。

さらに本大会の模様は「Rec Room」公式YouTubeチャンネルで全編が生中継されます(アーカイブも配信予定)。大会の模様が気になる方はそちらをチェックください。

(参考)VRScout「Rec Room」公式サイト


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード