Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/moguragames/moguravr.com/public_html/wp-content/uploads/.cache/db96f9cc5c34067badbb8569fcf1f014dd51368e.php on line 20

デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

Oculus Rift製品版の販売時は小売店でのデモストレーションを計画中

Oculus Riftは、175,000台以上の開発キットを販売しましたが、世間の大部分の人々は、このVRデバイスを一度も体験した事がありません。同社は、消費者向け製品版Oculus Riftの販売時に、購入前のお試しとしてだけでなく、VRを世間に広めるためにも、このデバイスを体験できるように小売店でデモを行う予定です。

image01

現在、Oculus VR社は展示会などで手広くデモを行っていますが、常にVR初心者が体験するにあたって細かいところまで気を遣い、アシスタントを1対1で配置し、デバイスが正しく装着されているかの確認など欠かしません。レンズも1回ごとに拭いています。しかし、世界中の小売店各店舗で体験を行うとなると、様々な問題が生じます。同社が全ての店舗に人材を派遣する事はできないため、ユーザーが体験する際にこうした細かなサービスを提供できない事が予想されます。レンズが汚れているだけでも、VRの経験が心地良く無いものになりかねません。数万円する高価なヘッドセットに、どのようにセキュリティ用のワイヤーをつけるのかなども課題となります。

image00

Samsung社のGearVRによって行われている一部の店舗のデモでは、ヘッドセットがセキュリティ用のワイヤーに繋がれた金属製のケースに入れられた状態で行われています。これでは、製品の軽さや、ユーザーが回りを見渡す時などの動作の心地よさに大きく影響してしまいます。(この事例は海外でのもの。日本の家電量販店で体験するGear VRにはこういった金属製のケースは装着されていません。そのままのGear VRを体験できます)

Oculus VR社がこういった課題を解決し、私達がヨドバシカメラなどで、Oculus Riftを体験できる日が来るのでしょうか。

(参考)
Road to VR_Oculus Plans to Have Rift Demo Stations in Retail Stores for Consumer Launch(英語)
http://www.roadtovr.com/oculus-plans-to-have-rift-demo-stations-in-retail-stores-for-consumer-launch/

Legendary Pictures、ワークラの新作映画やパシリムの360度動画を体験できるスマホアプリをリリース

2015/07/11 11:30 ゲーム・アプリ

【体験レポ】本物のバイクにまたがって時速400kmで駆け抜けるVR体験など-先端コンテンツ展(前編)

2015/07/11 11:30 イベント情報