デイリーランキング

任天堂の「Nintendo Labo: VR Kit」は64種類のVRゲームを搭載。自分でVRゲームも作れる

ゲーム・アプリ

2019/03/22 11:24

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

メジャーリーグ、選手たちの様子を360度動画で特集

360度動画はスポーツ観戦においても有効なツールですが、米国のメジャーリーグベースボール(MLB)を360度動画によって特集したドキュメンタリーが登場しました。アメリカでは、バスケットボールや野球など、国民的に人気のスポーツの公式リーグが続々とVRを活用し始めています。

MLBの様子を360度動画で配信

このドキュメンタリーはMLBとグーグルが協働して制作したもので、Google Daydream対応アプリ『MLB At Bat』内のVRコンテンツとして、今年初めにリリースされました。

現在MLBで活躍する若い選手達の練習風景やインタビューなどを特集したもので、360度動画で視聴することができます。

このドキュメンタリーはアプリ内の『On the Verge』というコーナーで特集しており、フィールドからロッカールーム、バッティングゲージを舞台に、現在MLBで活躍する若手選手の様子をレポートし、ピッツバーグ・パイレーツのジョシュ・ベルやボストン・レッドソックスのムーキ・ベッツ、サンディエゴ・パドレスのマニュエル・マーゴットなどの20代前半の選手達が登場します。

コンテンツは4つのエピソードによって構成されており、他のエピソードでは他の様々な選手やMLBの試合での重要な瞬間を360度動画で特集しています。

360度動画撮影システム『Jump』を使用

このドキュメンタリーの撮影には、グーグルが開発した360度映像撮影システム『Jump』を使用しており、これは2015年に開催された開発者カンファレンス、Google I/Oにて登場したものです。

『Jump』は、カメラを16個つなぎあわせる撮影技術と、撮影された映像を継ぎ目なくつなぎ合わせる編集技術で構成されています。

グーグルによると、本システムを使用した撮影は場所を取らずに済むので、今回のドキュメンタリーの制作においてもMLBの様々な場面を360度動画で撮影することが可能になったとのことです。

https://www.youtube.com/watch?v=bO1DySBwWSs

ドキュメンタリーは8K画質に対応した360度動画をYouTubeにて公開しており、スマホ用VRゴーグルで視聴することができます。Daydream対応アプリ『MLB At Bat』でも視聴が可能ですが、Daydreamは日本では展開されていません。

(関連記事)
北米でVRスポーツ観戦増える 今度は大学バスケで有料チケット制
http://www.moguravr.com/ncaa/

スマホアプリで「VRで友人と一緒にスポーツ観戦」VRizeが実証実験を開催
http://www.moguravr.com/vrize-j-sports-vr/

(参考)
VRScout / MLB Expands VR Content With Original 360 Video Series(英語)
https://vrscout.com/news/mlb-vr-original-360-video-series/

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

UE4.17リリース、ARKitサポートや第三者視点スクリーン追加

2017/08/10 11:30 テック

AR用光学モジュール開発 中国のスタートアップが約1.6億円を資金調達

2017/08/10 11:30 ビジネス活用事例