デイリーランキング

メタバースは「ほとんど国創り」。100億円投資を決めたグリー傘下・REALITYの挑戦

メタバース

2021/09/24 19:00

ARグラス用のコントローラー?フェイスブックの新たな特許が確認される

テック

2021/09/25 11:30

うつ病治療におけるVR活用の効果検証、ジョリーグッドと研究機関が進める

活用事例

2021/09/21 12:02

フェイスブック次期CTOは“VR/AR担当”のアンドリュー・ボズワース氏に

業界動向

2021/09/24 12:50

KDDIがメタバースプラットフォームを発表、VR/AR両対応の「Lynx R-1」クラファン間近か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/09/21 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

セカンドライフ開発元、メタバースを目指していたVRサービスを売却

2020年3月25日、サンフランシスコを拠点とするLinden LabはソーシャルVRサービス「Sansar」に関連する資産をWookey Search Technologies社(以下、Wookey)に売却したことを発表しました。Linden Labは1999年に創業した米国のインターネット企業で、「セカンドライフ」を作成した会社として知られています。売却後、一部従業員がWookeyに移籍しつつも、Linden Labは「セカンドライフ」の開発と保守を継続します。

Sansarは、2017年7月31日に一般向けにクリエーターベータ版でリリースされたソーシャルVRプラットフォームです。VR内で様々なアーティストのショーやパーティーに参加出来る「未来型のエンターティメント」を提供しています。つまり、わざわざ外に足を運ばずに家で簡単にショーを観覧したり参加出来るといったことを目指したサービスです。

2014年にOculus VRがフェイスブックに買収され、VRが世の中に名を轟かせました。その三年後の2017年にSansarが発表された際にも、まだVRの流行が波に乗っていたためSansarの発展が期待されていました。しかしその期待の反面、VRの普及に予想以上の時間が掛かってしまったことでSansarの人気があまり伸びず、今回のWookeyへの売却に至りました。

(参考)TechCrunch


【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!

【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!

【PSVR】VR空間でお絵かきを楽しむ「Tilt Brush」日本語版リリース

2020/03/27 19:30 PlayStation VR(PSVR)最新情報

あなたもデビューできるかも? VTuberのオーディション動向まとめ

2020/03/27 19:30 VTuber 最新ニュース一覧