デイリーランキング

VR/AR対応スーツ型デバイスが国内展開、Valveが無線VRヘッドセット開発中か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/11 08:00

自宅から150年の歴史を見る。KDDIが「バーチャルミュージアム」公開

活用事例

2020/08/11 11:30

VR/AR対応 全身体感のスーツ型デバイス「TESLASUIT」国内取り扱い開始

テック

2020/08/04 18:30

WebからVR/ARをビジュアルプログラミング。国産の教育向けソフト「BLOCKVROCK」

テック

2020/08/11 19:30

「フォートナイト」のエピックゲームズ、約1,800億円を調達。一部はソニー出資

投資

2020/08/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

セカンドライフ開発元、メタバースを目指していたVRサービスを売却

2020年3月25日、サンフランシスコを拠点とするLinden LabはソーシャルVRサービス「Sansar」に関連する資産をWookey Search Technologies社(以下、Wookey)に売却したことを発表しました。Linden Labは1999年に創業した米国のインターネット企業で、「セカンドライフ」を作成した会社として知られています。売却後、一部従業員がWookeyに移籍しつつも、Linden Labは「セカンドライフ」の開発と保守を継続します。

Sansarは、2017年7月31日に一般向けにクリエーターベータ版でリリースされたソーシャルVRプラットフォームです。VR内で様々なアーティストのショーやパーティーに参加出来る「未来型のエンターティメント」を提供しています。つまり、わざわざ外に足を運ばずに家で簡単にショーを観覧したり参加出来るといったことを目指したサービスです。

2014年にOculus VRがフェイスブックに買収され、VRが世の中に名を轟かせました。その三年後の2017年にSansarが発表された際にも、まだVRの流行が波に乗っていたためSansarの発展が期待されていました。しかしその期待の反面、VRの普及に予想以上の時間が掛かってしまったことでSansarの人気があまり伸びず、今回のWookeyへの売却に至りました。

(参考)TechCrunch


【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

【注目の記事】
・巨大データに向き合うVR/AR制作、それを支える強い味方とは?

【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

【注目の記事】
・巨大データに向き合うVR/AR制作、それを支える強い味方とは?

【PSVR】VR空間でお絵かきを楽しむ「Tilt Brush」日本語版リリース

2020/03/27 19:30 PlayStation VR(PSVR)最新情報

あなたもデビューできるかも? VTuberのオーディション動向まとめ

2020/03/27 19:30 VTuber 最新ニュース一覧