デイリーランキング

メタバースは「ほとんど国創り」。100億円投資を決めたグリー傘下・REALITYの挑戦

メタバース

2021/09/24 19:00

フェイスブックがVR/AR部門トップを次期CTOに、MRグラスのNrealが1億ドル調達 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/09/27 08:00

学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!【第1回: コンセプト編】

活用事例

2021/09/27 12:06 Sponsored

ARグラス用のコントローラー?フェイスブックの新たな特許が確認される

テック

2021/09/25 11:30

MRグラスのNrealが1億ドルを追加調達、翌週に新製品発表へ

投資

2021/09/23 20:55

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「3Dのパワポ」目指すJigSpaceが470万ドル調達、アップルも注目

3Dコンテンツ作成、共有ツールを手掛けるJigSpaceは、シリーズAラウンドで470万ドル(約5.2億円)の資金調達を行いました。

誰もが使える3Dプレゼンテーションツール

JigSpaceは誰もが3Dオブジェクトを使えることを目指し、iOS向けやデスクトップ向けのアプリを提供しています。創業者のZac Duff氏はJigSpaceについて、マイクロソフトのプレゼンテーションツール「パワーポイント」を例に説明します。一般的なユーザーでも、自身のアイディアを伝えるためのプレゼンテーションが作れるというものです。

2Dのパワーポイントに対し、3Dのコンテンツ作りには複雑な技術工程が必要でした。JigSpaceであれば、プリセットのモデルなどを用いて手軽に3Dプレゼンテーションを作成することができます。

またプラットフォームの提供するモデルには、人体の仕組みを学んだり、壁の修繕方法を確認したりと、見るだけで有用なARコンテンツが多数揃います。

Snapやアップルも注目

JigSpaceはiOS向け無料アプリの他、CADファイルのインポートなど機能を追加した有償のJig Proが提供されています。プラットフォームのユーザーは400万人以上、Jig Proのユーザー数は2020年のリリース以来、月に40%という成長を続けています。

大手企業にも注目されており、Snapと組んで家電の仕組みを見るフィルターを提供するほか、2020年10月のiPhone 12シリーズ発表時には、LiDAR機能の利用例としてJigSpaceを使ったオフィスのレイアウトの様子が披露されました。

https://www.youtube.com/watch?v=6RzVz88PsQk

Duff氏によれば、「全ての人に3Dプレゼンテーションツールを届ける」という考えに基づき、今後も無料版は維持していくということです。

(参考)TechCrunch


【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!

【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!

にじさんじ BilibiliWorld 2021 上海に出展、WACTOR 3期生オーディション事前受付開始【VTuberデイリーニュース 6/30号】

2021/07/01 12:30 VTuber 最新ニュース一覧

スヌーピーが全国の5Gエリアに出現! 景色に溶け込んだ画像をスマホで撮影できる

2021/07/01 12:30 AR/MR