デイリーランキング

VRヘッドセット装着者の目が外から見える「リバースパススルー」フェイスブックが研究成果発表

テック

2021/08/04 13:53 New

企業向け一体型VRデバイスの新スタンダード 管理システム充実&装着感良好の「Pico Neo 3 Pro」

業界動向

2021/08/02 12:04

フェイスブックがメタバース構築チーム立ち上げ、 エピックゲームズは3D共有プラットフォームSketchfab買収 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/08/02 08:00

メガネ型MRデバイスのNreal、5年以内に上場の意向 CEO意気込む

業界動向

2021/08/02 18:30

VRコラボレーションのSynamon、施工管理者向けのVR安全研修を開発

活用事例

2021/08/03 11:32

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「遠隔での対面接客」実現、JALとパナソニックがアバター活用で実証実験

日本航空株式会社(JAL)とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社は、アバター式リモート案内サービスの実証実験を開始します。遠隔地にいる係員がディスプレイ上のアバターを通し、出発ロビーや搭乗口で利用客へ案内を行います。

本実験は羽田空港第1旅客ターミナルビル内JAL国内線搭乗口の一部、航空券予約・購入・変更カウンター(40番)にて4台の運用を実施。実施期間は2020年9月14日(月)~9月25日(金)です。

「遠隔での対面接客」を実現

このディスプレイに表示されるアバターは、操作している係員の表情を認識・反映するため、離れている場所からでも対面に近い案内や接客が可能です。アバターによる接客、係員の案内時の動作や搭乗順パネルの提示を組み合わせることで、より分かりやすい案内を目指します。

なお、今回使用されるパナソニックのアバターサービスでは、アバターを利用しない間は広告やお知らせなど、設置したエリアに適したコンテンツの配信や、既存サービスと連携することも可能とのこと。本サービスは今年度中の商用化を予定しています。

(参考)日本航空株式会社 プレスリリース


【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社以上が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

AR/VRの専門家を育成するフルプログラムが開校 京都府が全面バックアップ

2020/09/16 11:30 話題

【ポケモンGO】「GOバトルリーグ」シーズン4開催中

2020/09/16 11:30 ポケモンGO