デイリーランキング

「PSVR2」用か? ソニーが新ハンドコントローラーを特許出願

テック

2020/09/28 12:00

オープンキャンパスで「VR授業」、近畿大学らが産学連携

活用事例

2020/09/28 19:30

フェイスブックがVRの日本展開加速、マイクロソフトがMR開発ツール「Azure Object Anchors」公開 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/09/28 08:00

ソーシャルVRアプリ「Bigscreen」CEOが“フェイスブック税”に苦言、アップルとEpicの余波ここでも?

業界動向

2020/09/28 11:32

VRイベント「MIKU LAND GATE β」の舞台裏を語る、9月30日にイベント開催

セミナー・カンファ

2020/09/29 19:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「遠隔での対面接客」実現、JALとパナソニックがアバター活用で実証実験

日本航空株式会社(JAL)とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社は、アバター式リモート案内サービスの実証実験を開始します。遠隔地にいる係員がディスプレイ上のアバターを通し、出発ロビーや搭乗口で利用客へ案内を行います。

本実験は羽田空港第1旅客ターミナルビル内JAL国内線搭乗口の一部、航空券予約・購入・変更カウンター(40番)にて4台の運用を実施。実施期間は2020年9月14日(月)~9月25日(金)です。

「遠隔での対面接客」を実現

このディスプレイに表示されるアバターは、操作している係員の表情を認識・反映するため、離れている場所からでも対面に近い案内や接客が可能です。アバターによる接客、係員の案内時の動作や搭乗順パネルの提示を組み合わせることで、より分かりやすい案内を目指します。

なお、今回使用されるパナソニックのアバターサービスでは、アバターを利用しない間は広告やお知らせなど、設置したエリアに適したコンテンツの配信や、既存サービスと連携することも可能とのこと。本サービスは今年度中の商用化を予定しています。

(参考)日本航空株式会社 プレスリリース


AR/VRの専門家を育成するフルプログラムが開校 京都府が全面バックアップ

2020/09/16 11:30 話題

【ポケモンGO】「GOバトルリーグ」シーズン4開催中

2020/09/16 11:30 ポケモンGO