デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

観客に囲まれ熱唱 VRカラオケ「変なホテル」に導入

ハウステンボス株式会社は、360度を観客に囲まれながら熱唱できる「超感覚カラオケ」を、長崎・ハウステンボスの「変なホテル ハウステンボス」にて8月3日より提供します。「変なホテル」は、ロボットが接客や荷運びを行う世界初のホテル。ロボットなどが特長的な施設にさらにユニークな体験が増えることで、魅力増を狙っていると考えられます。

「超感覚カラオケ」は前後左右・天井・床の全方位にディスプレイを設置した小部屋型アトラクション「The Zone」の新コンテンツです。マイクを持ち、ボックスに入ると、多数の観客が待っています。


体験ははじめ、舞台は路上ライブからスタート。歌が始まると観客からは花束やプレゼントなどが投げ込まれ、タッチ操作でそれに応えていくことで、5万人の観客が持つドームステージへとグレードアップします。

「超感覚カラオケ」での採用機種は「JOYSOUND」となっており、高音質で豊富な楽曲を、アーティスト気分で楽しむことが可能。「360°の映像と音と振動に包まれた中で熱唱するという“一歩先の未来のカラオケ体験”をお届けします」としています。

また、小部屋型VRアトラクション「The Zone」には他にも5種類のコンテンツがあり、パズルゲームや脱出ゲームを楽しむことができます(各300~400円)。ちなみに「The Zone」は「変なホテル ハウステンボス」の宿泊者限定サービスとなりますのでご注意ください。

「超感覚カラオケ」の開発はゾーン株式会社ならびに株式会社プロディジの2社。カラオケ「JOYSOUND」で知られる株式会社エクシングの技術協力を得ての開発となります。

(参考)
ニュースリリース
 https://www.atpress.ne.jp/news/134796

The Zone公式ホームページ
 http://thezone.jp/promotion/

ジャガーが新型電気自動車「E-Pace」のVR発表会をHTC Viveで実施

2017/08/04 19:00 VIVE

VRが弱視の回復に役立つ 実験結果が公開

2017/08/04 19:00 ビジネス活用事例