デイリーランキング

グーグル、ARCoreの新機能「Depth API」発表。スマホのカメラだけで空間情報を取得

テック

2019/12/11 19:00

Oculus Quest、ハンドトラッキングが今週中に実装

Oculus Quest

2019/12/10 18:09

LogitechのVR専用ペン「VR Ink」予約開始、価格は750ドル

テック

2019/12/12 12:30

中国スマホメーカーのOPPO、ARヘッドセットを発表 2020年初頭発売へ

業界動向

2019/12/12 19:30

インテル、新型デプスカメラ「RealSense LiDAR L515」発表

テック

2019/12/13 12:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ケアの現場をVRで学ぶ、臨機応変な対応をトレーニング

VRでは、現場で発生する様々なシチュエーションを再現し、実際に居合わせているような感覚で体験することができます。この特長を活かし、仕事のトレーニングに活用する事例が多く出てきています。オーストラリアの企業は、障害者のケアをするサポートワーカーのためのVRのトレーニングを開発しています。

全てをカバーするトレーニングは困難

House with No Stepsは、障害者向けに雇用機会の提供といったサービスを行っています。同グループのCEO、Andrew Richardson氏はVRが強力なツールであるとした上で、「我々は当社のサポートワーカーが、職場でのハイリスクなシーンを安全に学ぶためにVRを使いこなしたいと考えています」と話しました。

サポートワーカーが直面する潜在的なリスクには、食中毒から暴力まで様々なものがあります。全てをカバーするようなトレーニングを施すことは難しく、リスクへの対処方法も1つではありません。結果としてサポートワーカーは、個々の障害者の微妙な違いを学び、危険なシーンに対応する必要がありました。

安全な環境で学ぶ多種のリスク

VRトレーニングを導入することで、幅広いシチュエーションへの対応を、安全な環境で体験することが可能です。たとえばあるトレーニングシーンでは、サポートワーカーは同時に3名の障害者への対応を迫られます。1人はTVを引き金にするPTSDで、もう1人は暴力で反応を示し、3人目はドアから外へ逃げ出そうとしています。サポートワーカーはこのような予測不能なシーンに直面した時、何をすべきかリアルに学ぶことが出来るというものです。

トレーニングのプロトタイプを体験した参加者は、効果を次のように語りました。「この体験によって、サポートワーカーは業務への準備をすることが出来ます。トレーニングのシーンは安全です。また障害者にとっても、トレーニングされていないスタッフのケアを受けるというリスクを取り除くことが出来ます」

危険なシーンを体験するVRトレーニングは、保安官や研修医向けなど、他にも様々なものが開発されています。

VRでの現場再現など 刑事司法におけるVR活用、始まる

VRでの現場再現など 刑事司法におけるVR活用、始まる

MoguraVR

緊急医療トレーニングにVR活用 一体型デバイスが現場で歓迎されるワケ

緊急医療トレーニングにVR活用 一体型デバイスが現場で歓迎されるワケ

MoguraVR

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。



【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

VR脱出ゲーム「I Expect You to Die」が売上300万ドル達成

2018/09/14 12:00 ゲーム・アプリ

「右、やっぱ左!」激流をワイワイ4人で下るVR ZONEの「ラピッドリバー」

2018/09/14 12:00 VR体験施設

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集