ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

新清士氏・近藤義仁氏が講演 京都でVRイベント開催、体験ブースも

KYOTO V-REX実行委員会は、VRイベント「HISTORICA×VR 2018」を京都の京都文化博物館にて10月27日に開催します。VR業界で活躍する企業やクリエイターによるセミナーや、VR体験ブース、360度映像の上映などが実施予定です。

セミナーやVR体験デモなどが開催

KYOTO V-REXは、京都のAR/VRコミュニティを盛り上げ、その支援をしていくことを目的に活動している団体です。メンバーは京都のAR/VR開発企業や学校、行政機関などで構成されています。

今回開催される「HISTORICA×VR」は、2017年からKYOTO V-REXと京都ヒストリカ国際映画祭が連動企画として開催されるVRイベント。同イベントでは、VRRPG「ソード・オブ・ガルガンチュア」を開発する株式会社よむネコ代表の新清士氏、配信も可能なVRアニメ制作ツール「AniCast」を開発する株式会社エクシヴィ代表の近藤義仁(GOROman)氏らによるセミナーが行われる予定です。

また、併設されるVR体験ブースでは、「ソード・オブ・ガルガンチュア」をはじめ、東京ゲームショウ2018にて展示された「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」なども展示されます。その他、ヴェネチア国際映画祭に出展したVR映画作品「Chromatica」の作品上映会も行われます。

セミナーの概要やVR体験ブースの概要は以下の通りです。

セミナー

特別講演①「VRによる剣劇とそこから生まれるニュー・エキスペリエンス」~VR専用新作RPG「ガルガンチュア」制作秘話~


(株式会社よむねこ代表取締役、株式会社Tokyo VR Startup取締役の新清士氏)

東京や北米でブースが出展されるVRRPG「ソード・オブ・ガルガンチュア」。本講演では歴史創作物の要となる「剣劇」、その完全VR化について語ります。

時間:13:00~14:15

特別講演②「VR技術で興すアニメ制作革命-Vチューバーに留まらない「AniCast」の制作フローとその具体例」


(写真左 株式会社エクシヴィ代表取締役・近藤義仁氏、写真中 同社:ビジュアルディレクター・室橋雅人氏、写真右 同社グローバルビジネスディベロップメントマネージャー・荒木ゆい氏)

VTuber(バーチャルユーチューバー)をリアルタイムに動かすための技術となる「AniCast」。本技術はVTuberのリアルタイムアクティングのためでなく、アニメ制作のために生み出された技術とのことです。本講演では、「AniCast」をアニメ制作にどのように使用するか、などについて話します。

時間:14:30〜16:00

クロージング


(立命館大学映像学部教授 立命館大学アート リサーチセンター長、ITコンソーシアムクロスメディア部会長:細井浩一氏)

時間:16:00~16:10

セミナーの申し込みはこちらです。

VR体験展示ブースの概要

株式会社よむネコ:「ソード・オブ・ガルガンチュア」

「ソード・オブ・ガルガンチュア」は、剣戟をテーマにした4人協力プレイのVRアクションRPGです。Oculus Rift、HTC VIVE、Windows Mixed RealityといったVRヘッドセットに対応しており、これまでのゲーム機では体験できなかった「現実の戦いを感じさせるような剣戟」を味わうことができるよう、VRならではの体験にこだわって開発を行っています。

グランディング株式会社:「スペースチャンネル 5 VR あらかた★ダンシングショー」

「スペースチャンネル 5 VR あらかた★ダンシングショー」は、全身を使って遊ぶ体感型リズムアクションゲームです。セガ(現セガゲームス)によるダンスと音楽を題材にしたゲーム「スペースチャンネル5」のVR版。新ストーリーや新キャラなどを引っさげての登場となります。

株式会社Skeleton Crew Studio:VR宇宙体験「スペースミュージアムDIONE」

「スペースミュージアムDIONE」は、ロケット発射場を有する町「肝付町」が中心となった「VRスペースミュージアム」プロジェクトです。VR空間で通常では体験することのできない「光の速さ・宇宙の広さ・宇宙遊泳」といったコンテンツを体験できるとのこと。

立命館大学:立命館大学映像学部09ゼミx中村ゼミx松竹京都撮影所アクションホラーVR「Invisible」

「Invisible」は松竹京都撮影所の歴史劇用セットなどをフル実装したVRコンテンツ。退魔師として、悪霊となった忍者の蔓延る屋敷を解放することを目指す内容です。

その他にも、株式会社クラウドクリエイティブスタジオが展示を行う余地江です。

開催の概要

開催名称

HISTORICA× VR 2018

開催日時

2018年10月27日(土)11:00〜17:30

場所

京都文化博物館 別館
京都市中京区三条高倉 京都府京都文化博物館

セミナー定員

80名(先着順・定員に達し次第受付終了)

参加費

無料(セミナーのみ事前申込要)

イベントページ

http://crossmedia.kyoto/kyoto-vrex/

(参考)KYOTO V-REX 公式

この記事を書いた人

みたらし

多くの人にVRの魅力を伝えられるよう頑張ります。アニメ/ゲーム/VTuberが好き。好きなVRゲームは「Beat Saber」、「Virtual Virtual Reality」。ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でもライターを担当。

Twitter:@MD5ch_com

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

Insta360 Pro/Pro2 体験説明会 Advertisement

VR/AR/MR 用語集