デイリーランキング

任天堂の「Nintendo Labo: VR Kit」は64種類のVRゲームを搭載。自分でVRゲームも作れる

ゲーム・アプリ

2019/03/22 11:24

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

VRで振り返る原爆投下の惨状 高校生がコンテンツ作成

1945年8月6日午前8時15分、広島に原子爆弾”Little Boy”が投下されました。2万人の日本人戦闘員と2千人の韓国人労働者を含む7万人が一瞬で犠牲となり、その後も9万~16万人以上と言われる人が、後遺症などで亡くなりました。

それから73年。広島県の高校生たちが、原爆の惨状を伝えるVRコンテンツを制作しました。

原爆投下前後の広島を体験

広島県立福山工業高等学校の生徒らは、2年以上をかけて5分間のVRコンテンツを制作しました。視聴者はまず、原爆投下前の広島市街地に降り立ちます。元安川の川岸を歩いたり、爆心地の島病院の中庭に入ることもできます。

すると突然閃光が走り、晴れた空は煙で覆われて真っ暗になります。大きな爆発音が響いて、建物は爆風で崩壊していきます。

https://www.youtube.com/watch?v=RfXULE7UtpA

VRなら言葉がなくても理解できる

制作した生徒たちは皆、原爆から半世紀以上も後に産まれ、当時の様子を知りません。生徒たちは史料の写真やポストカードなどを使い、最も正確に原爆投下を再現するよう作業を進めました。

生徒の一人は次のように話しています。「言葉がなくても映像を見ただけで、理解することができます。これは間違いなく、VRの長所の1つです」

また他の生徒も「原爆投下前後の建物を再現するために何枚もの写真を見て、原爆の恐ろしさを強く感じました」と感想を述べています。「この情景を再現しているとき、他の人に見てもらうことがとても大事だと思いました」

また原爆の体験者に実際にインタビューを行い、VRコンテンツへのフィードバックも得ました。制作を担当した教諭によれば、「当時の様子を知る人に確認したところ、とても良くできているということです。非常に懐かしい光景だと言われました」と、好意的な感想を得ることができました。

昨年は米大手メディアのニューヨーク・タイムズが、原爆投下を伝える360度ドキュメンタリーを公開しました。

VRで振り返る 原爆投下の360度ドキュメンタリ➖公開

VRで振り返る 原爆投下の360度ドキュメンタリ➖公開

MoguraVR

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

次世代VRヘッドセットのカギを握る“可変焦点” Oculus以外からも登場

2018/08/09 18:30 テック

3周年を迎えた「FGO」はVRでも展開中! コンテンツ・体験方法などまとめ

2018/08/09 18:30 ゲーム・アプリ