デイリーランキング

【ドラクエウォーク】バージョン2.30実装。「1周年記念パス」の購入期限も近づく

ドラクエウォーク

2020/10/20 18:19

「Oculus Quest 2」の“脱獄”に報奨金? フェイスブックの意向に反発

Oculus Quest

2020/10/18 19:00

VRoid Hub、Oculus QuestのブラウザでVR対応

Oculus Quest

2020/10/19 18:25

Oculus Quest 2で制限されている90Hzモードを解放する方法

Oculus Quest

2020/10/18 11:30

「レディ・プレイヤー2」続編のあらすじ発表 新たな冒険とライバル登場

話題

2020/10/17 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

期待の新作VRFPS「Half-Life Alyx」発売

日本時間3月24日午前2時、Steamで「Half-Life Alyx」がリリースされました。価格は税込6,290円。対応ヘッドセットはValve Index、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Realityで、日本語を含む10言語をサポートしています。

https://www.youtube.com/watch?v=O2W0N3uKXmo

「Half-Life Alyx」はSteamの運営元で、ゲーム開発会社でもあるValveの人気FPSシリーズ約12年ぶりの新作。1998年発売の初代「Half-Life」と、2004年発売の「Half-Life 2」の中間を舞台にしたストーリーで、プレイヤーは科学者「アリックス・ハンス」となり、残忍なエイリアン「コンバイン」との熾烈な戦いに臨みます。

特殊装備「グラビティ・グローブ」を用いて物を投げたり、シールドとして活用する独自の攻撃アクション、VR専用ならではの圧倒的な没入感と戦術性が今回最大の見所。物理法則に基づくリアルな挙動が光るパズルギミックも大きく一新されているほか、操作周りもVR酔い対策から複数の移動方法を用意する配慮がなされています。

日本語版のローカライズは「架け橋ゲームズ」が担当

配信開始と合わせ、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズ、リリース支援を行っている「架け橋ゲームズ」が日本語版のローカライズを担当していることが同社Twitterで発表されました。テキストの翻訳は『Hollow Knight』、『Dead Cells』など、国内でも人気の高いインディーゲームを手掛けた翻訳者の伊東龍氏が手掛けているとのことです。

また、補足情報でオプションの字幕間隔に関し、日本語では「狭い」がシステム上の理由で選択できないことが発表されています。さらにゲーム内で稀に中国語フォントが表示される個所がある模様。こちらに関しては既に開発チームに不具合報告済みで、近々アップデートによる修正が行われるようです。

ソフトウェア概要

タイトル

Half-Life: Alyx

発売・開発元

Valve(※日本語版ローカライズ:架け橋ゲームズ)

対応ヘッドセット

Valve Index、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality(SteamVR対応デバイスはすべて対応)

プレイ人数

1人

価格(税込)

6,290円(Steam)


樋口楓、1stシングルの特別映像が新宿アルタ・道頓堀で放送

2020/03/24 16:29 にじさんじ

大作VRゲーム「Asgard’s Wrath」日本語対応アプデ実施

2020/03/24 16:29 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集