デイリーランキング

キズナアイ運営Activ8の声明が掲載 “分裂”当初からの経緯を振り返る

VTuber

2019/08/17 14:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(8月10日~8月16日)

おすすめVTuber動画

2019/08/18 19:30

【2019年8月版】VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラス クエスト)」最新情報まとめ

Oculus Quest

2019/08/17 19:30

VRオープンワールドRPG「Nostos」、人数限定のベータテスト開始 9月5日から

ゲーム・アプリ

2019/08/17 12:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

DeNA、10万以上の3Dアバターを提供 VRゲームへの導入支援ツールも

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は、10万点以上の3Dアバターアセットを利用できるサービス「Avatar Play(アバタープレイ)」を開始しました。本サービスの第一弾として、スマホ向けVRデバイス「Gear VR」対応の着せ替えアプリ「Avatar Fit(アバターフィット)」と、開発者向けUnity対応「アバターSDK β版」の提供が開始されています。

Gear VR対応の「アバターSDK β版」アプリは、アバターを自社で制作せずに10万点以上の3Dアバターを導入することができ、アバターを個性豊かにすることが可能です。着せ替えアプリ「Avatar Fit」と連携することにより、ユーザは異なるアプリ間でも同じアバターで遊ぶことができます。

本サービスの先行導入事例として、株式会社インタラクティブブレインズは、「Avatar Play」を導入したVRパーティゲーム「VR アバター鬼ごっこ」のGear VR版を開発中とのこと。

DeNAは「『Avatar Play』以外にも、AIの学習モデルの構築に活用するなど、Mobage上で提供してきた10万点を超える3Dアバターアセットと、その開発および制作ノウハウを活かし展開していく。VR/ARコンテンツの開発ハードルを下げ、3D市場の発展に貢献すべく、取り組む」としています。

(参考)「Avatar Play」公式サイト


ハコスコ、撮影から共有まで手軽にできる360度配信サービスを開始

2018/06/12 14:08 業界動向

3Dモデルを通して会話、開発企業に韓国政府が300万ドル助成

2018/06/12 14:08 投資