ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

クリーク・アンド・リバー、第2四半期決算でVR領域は順調と強調 一体型VRデバイス新機種は発売遅延

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、10月5日に平成30年2月期第2四半期決算を発表しました。本決算書には、同社及び同社連結子会社の連結子会社株式会社VR Japanが展開するVR事業についても説明がされました。決算説明会資料によれば、国内代理店として販売・リースサービスを行なっている一体型VRHMD「アイデアレンズ」を中心に、VR領域の取組が順調に進んでいるとのこと。

第2四半期決算短信では、VRへの取り組みについて、下記の通り記しています。

VR(Virtual Reality:仮想現実)への取り組みに関しては、VRヘッドマウントディスプレイ (HMD)を使用した遠隔医療教育システムや13歳未満のお子さまでも使用できる単眼VR用のコンテンツの開発・ 提供を実施した他、VRコンテンツを配信するプラットフォームの開発及び、コンテンツの配信等についての取り組みを加速させております。


ゲームイベントから医療分野、防災訓練、レンタル店舗への導入など様々な領域でVR事業の実績を上げていることが言及されています。

また、VR事業を含んだ新規事業分野は現在投資領域とのことで、新規事業分野全体での今期営業利益は1,700万円の赤字、今期販管費(投資額)は1億100万円であることを発表しました。

さらに新型「アイデアレンズ」の開発が遅れていることも明かされました。一般販売開始時期は2018年春頃を見込んでいるとのこと。一体型のVRHMDではOculusが「Oculus Go」を2018年初旬に出荷予定(価格は199ドル)と、先日のOC4で発表しています。新型「アイデアレンズ」の動向についても注目したいところです。

(参考)
クリーク・アンド・リバー 2018年2月期「第2四半期決算短信」(PDF)
http://www.cri.co.jp/stockholders/library/89cabe8eac410fbe96fb63955f8bc0f9258c2e81.pdf

クリーク・アンド・リバー 2018年2月期「第2四半期決算説明会資料」(PDF)
http://www.cri.co.jp/stockholders/library/77633b62806e6ea134b5cf04013b11d283ea630b.pdf

この記事を書いた人

オーツグ

VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いと360動画の狩人を担当しています。

Twitter:@oo2gu

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース