デイリーランキング

任天堂の「Nintendo Labo: VR Kit」は64種類のVRゲームを搭載。自分でVRゲームも作れる

ゲーム・アプリ

2019/03/22 11:24

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

360度動画アプリ『dTV VR』ストリーミングや動画シークに対応

動画配信サービス『dTV』が提供する360度動画視聴アプリ『dTV VR』は、アプリの再生画質の向上やUIデザインのバージョンアップを行いました。

UI変更や、好きな箇所から再生できるシーク機能、動画を見始めるまでの時間が短縮できるストリーミング再生など、より快適にVRを楽しめる変更が加わっています。下記にて詳細を紹介します。

UI変更でジャンルごとのコンテンツが見やすく


『dTV VR』のUIデザインは、『dTV』でも採用している「ザッピングUI」がイメージされ、音楽、ドラマ、バラエティといったジャンルごと、簡単に見られる仕様へ変更されました。各コンテンツのサムネイル大きく表示されて見やすくなっています。

ストリーミング対応や、好きな場所から見れる機能も

動画内の再生をしたい場所から見始められるシーク機能も搭載されました。これにより、見たい所をピンポイントで再生できたり、繰り返し見ることが簡単になりました。また、再生中にNORMALモードからVRモードの切り替えも可能になっています。

また、動画再生形式がストリーミング再生にも対応したことにより、1つのコンテンツを見始めるまでの時間が短縮され手軽に360度動画を楽しめるようになりました。

『dTV VR』では、人気海外ドラマシリーズ「ウォーキングデッド」のVR作品や、音楽アーティストのピコ太郎氏のVR作品といったコンテンツも用意されています。

なお今回のバージョンアップにより、再生画質はこれまで標準画質のみしか選択できませんでしたが、4倍といえる最高画質・高画質・標準画質の3種類から選択することが可能です。動画画質の選択は、本アプリ起動後のメニュー項目から選択できます。

360度動画視聴専用アプリ『dTV VR』ダウンロード
・iOS版は、コチラよりダウンロード
・Android版は、コチラよりダウンロード

(参考)
20万DL数を誇る国内最大のVRアプリ「dTV VR」がバージョンアップ再生画質の向上のほか再生機能やUIデザインをリニューアル / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000022141.html

VR体験カフェが神奈川に開設 バーチャルな世界を予約無しで体験可能

2017/08/09 19:00 イベント情報

念じてVR内で操作 脳波を測定するコントローラー登場

2017/08/09 19:00 ビジネス活用事例