4K対応Xbox One X発表 11月7日発売 価格は499ドル


マイクロソフトは、E3に合わせて開催されたプレスカンファレンスにて4K、HDR対応の新型ゲーム機Xbox One Xを発表しました。

これまでは「Project Scorpio」というプロトタイプ名で呼ばれていましたが、正式名は「Xbox One X」となり、全世界での発売日は11月7日、価格は499ドル(国内価格は不明)とされています。競合となるPlayStation4の上位機種PlayStation4 Proと対応するXbox Oneの上位機種という位置づけになります。

パワフルな性能を謳いながら、筐体のサイズは現行機種のXbox One Sよりも小さい、最小のXbox Oneとなります。

Xbox One Xは6テラフロップスのグラフィック処理能力を有します(PlayStation4 Proは4.2テラフロップス)。4K UHD、HDRでのグラフィック出力に対応します

Project ScorpioはVR対応を謳っていたため、VRにも対応していると考えられますが現時点では一切の発表がなく不明です。

https://www.youtube.com/watch?v=g-gp-Voq6MQ

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!