VRで認知症を疑似体験 介護職向け無料体験会開催

介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エスは、介護職向け求人・転職情報サイト「カイゴジョブ」主催の介護・福祉の適職フェア「カイゴジョブフェスタ」にて、VR認知症の無料体験会を開催します。

このVR認知症体験会は、「VR認知症プロジェクト」を推進する、株式会社シルバーウッドの協力のもと、「カイゴジョブフェスタ」来場者向けの無料セミナーの一つとして実施するもので、同社代表取締役である下河原忠道氏が講師を勤めます。

認知症の真の理解をともに探る「VR認知症プロジェクト」

「VR認知症プロジェクト」は、認知症ではない人がVR空間内で、認知症の中核症状を疑似体験できるコンテンツです。体験者は、VRヘッドマウントディスプレイのGear VRをかぶり、VR空間内で日常的な体験を通じて、認知症患者がどのように感じているのかを、体験することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=FhjOtccyRng

プロジェクトを通して、介護職の人に認知症の人が感じている世界を体感してもらい、認知症への理解を深めてもらうことを目的としています。

日時・会場

「カイゴジョブフェスタ」埼玉会場:2月28日(火)13:30~15:00

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目1−7−5

講師

下河原忠道氏(株式会社シルバーウッド代表取締役)

講義内容

認知症の社会的心理環境の改善を目的としてはじまった「VR認知症プロジェクト」。今回の体験会を通じて知見を共有し、認知症の真の理解を共に探る。

※体験できるのはVR機器の関係で50人限定となります

公式サイト https://www.kaigojob.com/cms/fair/

介護や医療において、実際に患者の位置に立って病気を体験することは、たくさんの発見を生むため非常に重要です。VRが得意とする”自分ゴト化”。同じような試みとして、アルツハイマーを患った人の生活を追体験するスマホVRアプリ『A Walk Through Dementia』があります。

(参考)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000013298.html

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ