最新の物理エンジンを体験できる『VR Funhouse』MODコンテストが開催

NVIDIAは、最新のシミュレーション/レンダリング技術を体験できる『VR Funhouse』のMODコンテストを開催中です。

受賞者には賞金やグラフィックスカードなどが贈呈

『VR Funhouse』は、AAAゲーム級の「物質の破壊」「毛髪や毛皮」「炎と煙」「分子レベルの液体演出」などを実現し、またそれらを高速にVRレンダリングする技術デモを兼ねたOculus Rift / HTC Vive用ゲーム。グラフィックボードメーカーとして有名な同社が自ら手がけた初のゲーム(!)です。

NVIDIAはVR Funhouseの体験をより世界にシェアするため、「VR Funhouse MODキット」を公開しています。

同キットではUnreal Engine 4のブループリント機能を使い、ビジュアル スクリプティングでゲームの仕組みを作ることができます。コーディングは必要なく、誰でもMODを作成することができます。

今回NVIDIAは、このMODキットを利用したVR Funhouse MODコンテストの開催を発表しました。

すでに募集が開始しており、期間は2017年1月20日まで。「独創性と創造性」「エンターテイメント性」「革新性」の3項目で評価され、全体で3名の受賞者が選ばれます。

1等賞には2500ドルとNVIDIA TITAN X グラフィックスカードなど、賞品を用意されています。

この機会に、ぜひ『VR Funhouse』のMODを制作してみましょう。

・応募方法詳細

https://developer.nvidia.com/vr-funhouse-mod-contest

https://www.youtube.com/watch?v=uDqfONqx1qg

(参考)

NVIDIA / VR FUNHOUSE MOD コンテストのお知らせ

http://www.nvidia.co.jp/object/nvidia-vr-funhouse-modding-contest-jp

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor