Gear VR版『さよなら海腹川背 VR 』がリリース 人気シリーズをVRで体験

コンシューマーゲームの企画や開発を手がける有限会社スタジオ最前線は、5月10日よりGear VR用アプリ『さよなら海腹川背 VR 』を発売しました。

『海腹川背』シリーズは、1994年スーパーファミコン用ソフトとしてスタートしたアクションゲームです。伸縮自在のロープを駆使し、壁に引っ掛け反動を利用し高い位置に登ったり、振り子運動を使い離れた場所へ飛び移ったりする「ラバーリングアクション」が特徴的です。

これまでにPlayStationやPlayStation Vita、ニンテンドー3DS、PCなど、様々なプラットフォームでシリーズ作品がリリースされています。

Gear VR版としてリリースされる本作は、ステージがジオラマとなって広がる空間を体験することができます。ショートカットやステージに隠された秘密の出口を見つけて自分だけのルートを開拓できるとのことです。なお、本作のプレイにはコントローラが必要となります。

商品 概要

『さよなら海腹川背VR』

プレイ人数 1人
販売価格 590円
対象年齢 3歳から
その他 ゲームパット(コントローラ)が必要
対応言語 日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語
発売元 有限会社スタジオ最前線

(参考)

https://www.oculus.com/experiences/gear-vr/930041860430917/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ