HTC Vive無線化キット『TPCast』Oculus Riftにも対応へ

HTC Viveを無線化するデバイス『TPCast』を開発するTPCast社より、同デバイスがOculus Riftにも対応するとの発表がされました。『TPCast』はPC接続型VRヘッドセットをワイヤレス化する外部デバイスで、ワイヤレス化によってユーザーがVR体験中に自由に動けるようになるデバイスです。

『TPCast』について

PC接続型のVRヘッドセットを使用する際、良質なVR体験を阻害する要因の一つとなるのがケーブルです。VRコンテンツをプレイ中にケーブルが手や足にからまったり、ケーブルをPC接続しているために動ける範囲が限られる、といった問題があります。

『TPCast』はこうした問題を解決するためのデバイスで、PC接続型ヘッドセットを無線化することができます。デバイスをヘッドセットに装着して使用し、2K画質の映像をフレームレート90fpsを維持した状態でヘッドセットに伝送可能。遅延は2ms(ミリ秒)以下を謳っています。最大5時間の動作が可能で、デバイスのバッテリーによってヘッドセットに充電することもできます。

『TPCast』がOculus Riftにも対応

本デバイスはHTC Viveのみに対応していましたが、Oculus Riftでも使用可能になります。TPCast社のCEOであるMichael Liu氏は以下のように述べています。

「我が社のワイヤレス技術によって、Oculus Riftでも『TPCast』を利用できるようになります。これによって高品質でさらに没入感の高いVR体験が可能になります。(中略)本デバイスによってワイヤレスの、完全に自由なVR体験が可能になります。これによって、VRの利用法が変わるでしょう」

Oculus Rift対応『TPCast』は2017年第4四半期(10月〜12月)後半のリリースを予定しています。HTC Vive対応の『TPCast』は現在、米国とヨーロッパでプレオーダーの受付を開始していますが、日本での販売予定は現在のところ未定です。

(参考)
VRFocus / TPCAST Working On Wireless Support For Oculus Rift(英語)
http://www.moguravr.com/htc-vive-tpcast/

Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: Oculus RiftTPCast

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。