ワイヤレスVRHMDやライブパフォーマンスも 東京でVR展示会開催

 

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、7月29日に東京・御茶ノ水で開催される「東京VR コンテンツ fes.2017」に出展し、ケーブルレスのスタンドアロン型VRデバイス「IDEALENS K2+(アイデアレンズK2プラス)」やVRコンテンツを展示することを発表しました。

また、VRアーティストのせきぐちあいみ氏によるVRイラストレーションアプリ『Tilt Brush』を使用したLIVEパフォーマンスも行われます。

本イベントのVRコンテンツは、スマートフォンやPCとの接続が不要の一体型ヘッドマウントディスプレイ「アイデアレンズK2プラス」を装着しての体験となります。同コンテンツは、長崎県のテーマパーク ハウステンボスのVR施設など企業向けを中心に開発しているとのことです。

同社が展示するVRコンテンツの一部は下記のとおりです。

VRコンテンツ

VRゲーム『蚊ぱっちん』

縦横無尽に飛び回る蚊を、ぱちんと叩いて高得点を狙うゲーム。

VRゲーム『絶体絶命』

ミッションをクリアしないと、天井が落ちてくる絶体絶命脱出ゲーム。

VR映像『Beyond the sea』

まるで海の中にいるようなCG映像。様々な生き物が登場。

せきぐちあいみ氏のLIVEパフォーマンス

VRアーティストのせきぐちあいみ氏の『Tilt Brush』を使ったLIVEパフォーマンスも開催。同氏は、『Tilt Brush』を使ってSNS上やYouTubeにて制作した作品のアップロードをしたり、今年の2月にはVRアートの個展なども開いたりなどの活動を行っています。

https://www.youtube.com/watch?v=diIUk_svWPo

・オフィシャルサイト
https://vr-aimi.officialsite.co/

 

イベントの概要

開催日時

2017年7月29日 13:00から17:00

会場

東京都千代田区神田小川町3-28−10
「お茶の水学園」お茶の水スクール・オブ・ビジネス

JR 御茶ノ水駅より約7分

入場料

無料

入場申込み

こちらのページより

主催

東京VRコンテンツfes.2017実行委員会

協力

株式会社アイロック、株式会社インタラクティブブレインズ、株式会社エジェ、株式会社桜花一門、カディンチェ株式会社、株式会社クリーク・アンド・リバー社、株式会社シータ、株式会社ゼロユニット、株式会社積木製作、ネストビジュアル株式会社、VAQSO Inc.、MyDearest株式会社、Littlstar Japan、

アイデアレンズK2プラスの概要

商品名

IDEALENS K2+ (アイデアレンズ K2 プラス)

外形寸法

HMD本体部分 (L)183mm×(W)129mm×(H)105mm

質量

約295グラム

ディプレイ方式

AMOLED

解像度

2,560 × 1,440

視野角

約120度

遅延

最高75Hz

搭載センサ

6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸地磁気センサ、光距離センサ、温度センサ

プロセッサ

CPU/ Exynos 7420    GPU/ Mali-T760 MP8

メモリ

ROM/ 32GB、RAM/3GB LPDDR3

microSDカード

microSD (最大128G対応)

Wi-Fi

2.4G  802.11 a/b/g/n

Bluetooth

4.0、3.0、2.0

接続端子

micro USB 2.0端子、 3.5mm ステレオヘッドフォン端子

充電

約3.5時間(2A急速充電対応)

電池消費時間

約2.5~6時間(コンテンツによる)

販売方法

株式会社クリーク・アンド・リバー社 VRディビジョンまで直接問い合わせ

(参考)
プレスリリース

関連するキーワード: Tilt Brush東京VR コンテンツ fes.2017

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ