スバル、ぶつからないクルマなどを体感できるスマホVRアプリ「SUBARU体感360°」を配信開始

自動車メーカーのスバルは、スマホ向けに、360度見渡すことができ、自社製品を体感できるアプリ「SUBARU体感360°」を配信開始しました。

image201510221449231

現在体験できるコンテンツは、「体感!アイサイト」という、ぶつからないクルマ、ついていくクルマといったスバルの機能「アイサイト」を体験できるというもの。スバルスターズのお姉さんがわかりやすく解説してくれるコンテンツです。

image201510212237081

ハコスコやCardboardなどのデバイスで楽しむこともできます。

image201510221448411

今後は特別モデルである「WRX S4 SporVita」の内装をみることができるコンテンツや、10月末からの東京モーターショーでのスバルブースのステージの映像を360度で配信する予定とのこと。

モーターショーでは、ジェイテクトがGear VRを使ったコンテンツを展示することが発表されていますが、VRでの試乗体験などの取組が盛んな自動車業界ということで、他にもVRを使った取組が発表されるのではないかと注目したいところです。

「SUBARU体感360°」はこちら(iOS版Android版

関連記事:【体験レポ】自動車のテストコースを体験できる!東京モーターショーの展示を一足早く体験
関連記事:【体験レポ】錦織圭選手とスポーツカーでバーチャル・ドライブを体験してきました

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/