Steam、VRホームがアップデート より“家”らしく

PCゲーム配信プラットフォームのSteamで、VRコンテンツをバーチャル空間から起動できる「SteamVR Home」にアップデートが追加されました。この「SteamVR Home」は、PCで言うところのデスクトップですが、ホームという名称にふさわしく、さまざまなVRコンテンツにアクセスする入り口として居心地の良くなるアップデートが続いています。

今回のアップデートによって、ルーム内にトロフィーを配置したり、スクリーンショットで飾ったり、ボクシングのミニゲームがプレイできるなど、複数の新機能が登場しました。

複数の新機能が登場

アップデートの詳細はSteamVRのニュースフィードにて公開され、ユーザーはルームを好みに合わせてカスタマイズすることが可能になりました。また、今回のアップデートではSteam AudioがSteamVR Homeに対応し、立体音響による臨場感溢れるオーディオをルーム内でも使用できるようになりました。

トロフィーを配置

アップデートではトロフィーを配置できる機能が登場しました。トロフィーはゲーム内でのプレイヤーの実績を示すもので、ゲームの成果に合わせてトロフィーのデザインが変化します。また、トロフィーからゲームにクイックアクセスすることもできます。トロフィーはルーム内のどこにでも配置できます。

スクリーンショットでルームを飾る

スクリーンショットや作品をルーム内に配置できる機能も登場。プレイヤーがアップロードした画像や、コミュニティの人気コンテンツのスクリーンショットを使用できます。

また、最近のアプリやフレンドリスト、ルームリストを表示するSteamVRパネルを、場所を問わずどこにでも配置できる機能も登場。ユーザーの好みに合わせて、フレンドやルーム、ゲームにどこからでもアクセスできます。

ボクシングのミニゲーム

今回のアップデートによって、SteamVR Home内でプレイできるボクシングのミニゲームも登場。新しく追加されたSteamVR Home環境『ボクシングのリング』はサブスクライブでの利用が可能で、サンドバッグをパンチし、ダンベルを持ち上げ、リングでトレーニングロボットと対戦できます。

この他にも、新しい家具が大量に追加されたほか、既存の小道具やツール、家具の視覚的忠実度が改善。小道具や家具をバーチャル空間に配置する方法も改善され、ホームスペースのカスタマイズがより簡単に行えるようになりました。

これらの機能を使用するにはSteamVRのベータプログラムに参加する必要があります。Steamライブラリの「ツール」にある「SteamVR」を右クリック、「プロパティ」を開いて「ベータ」タブのドロップダウンメニューから「ベータ」を選択することで参加できます。

(参考)
Road to VR / SteamVR Home Gets Major Customisation Improvements, New Boxing Mini-game(英語)
https://www.roadtovr.com/steamvr-home-gets-major-customisation-improvements-new-boxing-mini-game/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ