SIE、新型PS Cameraを発表 PSVR向けに設置しやすいデザインに

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、「プレイステーション 4」(PS4)用の新型PlayStation Camera(PS Camera)を2016年9月15日(木)より日本、北米、欧州にて順次発売することを発表しました。日本国内では5,980円(税抜)にて発売予定です。価格は据え置きです。

PS Camera

PlayStation Cameraは、PSVRを使用するために必須となる周辺機器です。全てのVRゲームソフトで本カメラが使われるわけではないですが、PSVRの初期設定で必要となります。

本カメラは、現行モデルの機能を維持しつつ、円筒状のカメラ本体に、同梱スタンドを装着する構造にデザインが変更されています。これにより、PS Camera本体をテレビのフレーム上部やテレビ台、テーブルの上などに設置でき、カメラの角度も調整できるとのことです。

PlayStation Camera(CUH-ZEY2シリーズ)商品概要

商品名称:PlayStation®Camera
型番:CUH-ZEY2
希望小売価格:5,980円+税 / 59USドル / 59ユーロ/ 54ポンド
外形寸法:カメラ本体:約159mm×28mm×28mm(幅×高さ×奥行き)
質量:カメラのみ:約152g
動画ピクセル:(最大)1280×800ピクセル×2
動画フレームレート:1280×800ピクセル時 60fps
          640×400ピクセル時 120fps
          320×192ピクセル時 240fps
動画フォーマット:RAW、YUV(非圧縮)
レンズ:デュアルレンズ、F値/F2.0 固定焦点
撮影距離:30cm~∞
撮影範囲:85°
マイクロホン:4チャンネルアレイ式マイクロホン
接続端子:PS4®専用端子(AUX端子)
ケーブル長さ:約2m
内容品 :カメラ×1
    スタンド×1

(参考)
ソニー・インタラクティブエンタテインメントPlayStation®4用新型周辺機器を発表
https://www.sie.com/corporate/release/2016/160908d.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人