Gear VR向け「Oculus Video」大幅リニューアル。VRでTwitchやVimeoが楽しめるように!

10月9日、Oculusはスマホ用VRヘッドマウントディスプレイGear VR向けに配信しているアプリ「Oculus Cinema」の大型更新を行いました。

screenshotshare_20151010_195340

アプリの名称を「Oculus Video」という名称に改めました。このアプリは、VR内の映画館やホームシアターなど様々な場面を選び、大画面で動画コンテンツを楽しめるアプリです。

これまで短編動画作品や映画の予告編が視聴できましたが、今回一気にコンテンツが拡充。ゲーム実況動画配信サービスの「Twitch」、動画共有サービスの「Vimeo」をストリーミングで楽しむことができるようになりました。

また、アメリカでは20世紀FOXなどの映画を購入することもできます。アメリカ以外の国での購入及びレンタル制の実装は”Coming Soon”となっており、近いうちに日本でも楽しめるようになりそうです。

9月に開催されたOculus Connect 2では11月に発売される一般消費者向けの新型Gear VRに向けて、NetflixやTwitchなどの動画配信サービスの対応が発表されました。

既にNetflixは無料アプリが配信されており、視聴可能です。

Screenshot_2015-10-10-19-40-46

今後、有料動画の配信や、huluなど他の動画配信サービスの対応も行われる予定で、Gear VRのコンテンツの充実が図られるでしょう。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/