トレンド

Oculus Rift製品版「Rift」。より小型、軽量化。快適な装着感を追求した形状が披露

Oculus Riftの開発を進めるOculus VR社は11日10時(日本時間12日2時)からプレス向けのイベント「Step into the Rift」を開催しました。

2016年第一四半期に出荷される製品版「Rift」のお披露目となりました。注目が集まっていた形状のほか、入力機器や開発中のタイトルについての発表が行われました。その内容を紹介します。
また、OculusVR社の公式サイトにRiftの情報が掲載されています。

本記事では製品版「Rift」の形状・デザインについての発表を取り上げます。

イメージ390

Riftは従来の開発者向けキットDK1、Dk2と比べさらに小型で軽量化が行われています。360度の音声を聴くことのできるヘッドホンは取り外し可能。また、ヘッドバンドではなくより装着感のある形状に変化しました。
本体に付属したツマミで目の間隔に合わせた調節が可能です。また、位置を認識するトラッキングセンサーはよりシンプルな形状になっています。

イメージ420お披露目されたRiftの実物

イメージ415シンプルなトラッキングカメラ

イメージ421ヘッドホンは取り外し可能

イメージ426ずれないような工夫と快適さを追求した装着感

実際の軽さがどの程度なのか、体験してみないと分からない部分も多く、詳細なスペックも明らかにはなっていません。引き続き注目したいところです。

今回のイベントでのOculus VR社の他の発表はこちら

Oculus Rift製品版「Rift」。入力は新発表の「Oculus Touch」とXbox Oneコントローラー

Oculus Rift製品版「Rift」。体験できるコンテンツ紹介とインディ開発者へ1000万ドルの支援を発表

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/